結納金結納返し

関東と関西で異なる結納金と結納返し

 結納金は、男性側から女性側に結婚の支度金として贈られるものです。かつては帯や着物地を贈ったことから、「御帯料(おんおびりょう」「御帯地料(おんおびじりょう)」「小袖料(こそでりょう)」などとも呼ばれます。
 結納金の額は男性の月収の2~3か月ぶんが目安とされますが、100万円、70万円、50万円など上1桁が奇数の金額にすることが多いようです。一方、女性側からお礼として男性側に贈るのが「結返し」で、関東では「御袴料(おんはかまりょう」として結納金の半額程度を贈ります。
 関西では一般に結納返しをおこないませんが、結納金の1割程度を贈る場合もあります。

目録、受書などの書類も用意する

結納のあれこれ
 結納の際には、「目録」「受書」「家族書」「親族書」を取り交わします。日録は結納品の品目と数を記したもの。受書は結納品を受け取ったという領収書のようなものです。関東式では男女双方が用意しますが、関西式では男性側が目録、女性側が受書を用意します。
 奉書紙に毛筆で書くのが正式ですが、結納品セットに含まれているものを利用すれば、必要事項を書き加えるだけで済みます。
 家族書と親族書は、親族一同の結婚への同意を示すもの。最近は双方の家族と親族の紹介という意味合いが強くなっています。

~Check point~結納について

■男性からは結納金、女性からは結納返しを贈る
 最近は結納返しを省略し、男性側が最初からそのぶんを差し引いた金額を包んだり、結納金自体を省略して婚約指輪だけを贈ったりするケースも増えている。

■結納金の相場は男性の月収の2~3か月ぶん
 金額としては100万円、70万円、50万円などが多いようです。本人の経済力に見合った額を贈って。

■結納返しも関東と関西でしきたりが異なる
 関東は結納金の半額、関西はなしか、結納金の1割程度。最近は腕時計などの品物を贈るケースも増えている。

■書類の例(関東式)

■受書
 目録に合わせて記入。贈り主と受取人の名前が目録とは反対になるので注意。目録も受書も地域によって書き方が異なるので確認を。

■目録
 最初の項目には男性側は「御帯料 壱封」、女性側は「御袴料 壱封」と記入。指輪を贈る場合は、ほかの品目にかからない番外に「結美和付き」と記入。

■親族書
 別居している祖父母、既婚の兄弟とそれぞれの配偶者、叔父叔母の3親等までの親類を父方、母方の順に記入する。

■家族書
 奉書紙に毛筆で書くのが正式。家族の氏名、本人との続柄を記し、本人の名前を最後に書く。同居の祖父母は家族書に含める。

結納品の持参

結納品の持参の仕方は?

 結納品は、飾り台ごと風呂敷に包んで持参するのがマナー。「結び目をほどく」のを避けるため、結ばずに包むのがポイントです。
 関西式の場合、ひとつにまとめられないときはいくつかに分けて包みます。

次のコラムを読む→ 海外挙式の知識と準備、人気エリアを紹介

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ