結納品の準備はできていますか?

関東式は「交わす」関西式は「納める」

 結納品とは、結納金に縁起物を添えた一式のこと。縁起物は両家が婚姻関係を結んだことを祝う宴席の酒肴がルーツで、それぞれに祝い言葉の名前がついています。
 結納品の内容や贈り方は地域によって異なりますが、大きく関東式と関西式に分けられます。一式をまとめて白木の台にのせる関東式に対し、関西式は1品ずつ台にのせ、飾りも立体的で豪華。
 また、関東式では男女双方が結納品を贈り合うので「結納を交わす」といいますが、関西式では男性側だけが結納品を贈るので「結納を納める」というのが特徴です。

結納品は9品日が正式。簡略化する際は奇数に

 関東式では、結納金(金包)と目録に縁起物7品を加えた9品日が正式とされています。数を減らして簡略化してもよく、その場合は7、5、3品目と、陰陽五行説で縁起がよいとされる奇数にするのがならわしです。関西式では目録は数に入れず、「優美和/結美和(ゆびわ/指輪)」や「高砂人形(たかさごにんぎょう)」が加わります。
 結納品の品目数をいくつにするか、あらかじめ両家で話し合って決めておきましょう。両家で数を合わせるのが一般的ですが、男性よりも女性の品数を少し控えめにすることもあります。

~Check point~

結納品の内容や贈り方は地域によって異なる

 大きく関東式と関西式に分けられ、前者は男女が結納品を贈り合い、後者は男性のみが贈る。両家でよく話し合い、内容や贈り方を決める。

結納品の品目数は両家で話し合って決める

 9品目が正式だが、7、5品に簡略してもよい。最近は3品目に簡略化するケースも増加。両家で交換する場合は数をそろえるのが一般的。

結納品を百貨店や結婚式場などで購入する

 百貨店や結婚式場、専門店などで市販されている結納セットが便利。インターネットでも購入できる。

結納品の準備はできていますか?

結納品とその意味

関東式

 一式まとめて白木の台(片木盆/へぎぼん)にのせます。

1)目録(もくろく)
 結納品の品名と数を記したもの

2)長熨斗(ながのし)
 干したあわびを長く伸ばした「のしあわび」。長寿の象徴とされています

3)金包(きんぽう)
 結納金。表書きは、男性からは「御帯料(おんおびりょう)」、女性からは「御袴料(おんはかまりょう)」とします。

4)末広(すえひろ)
 白無垢の扇子一対。純真無垢と末広がりで「家内繁栄」を象徴します。

5)友志良賀(ともしらが)
 白い麻糸。「ともに白髪になるまで仲睦まじく」との願いが込められています。

6)子生婦(こんぶ)
 昆布。子宝に恵まれるようにとの願いのほか、「よろこぶ」にも通じます。

7)寿留女(するめ)
 するめ。長期保存ができることから、幾久しい縁を願って贈られます。

8)勝男武士(かつおぶし)
 かつお節のことで、「松魚節」とも。男性の力強さの象徴です。

9)家内喜多留(やなぎだる)
 祝い酒。現金に代えることが一般的ですが、実際に酒樽を贈る地方もあります。

◆簡略化する場合◆
・7品目:目録、長熨斗、金包、末広、友志良賀、子生婦、寿留女
・5品目:目録、長熨斗、金包、末広、友志良賀
・3品目:目録、長熨斗、金包

関西式

 1品ずつ白木の台にのせ、飾りも豪華にします。

1)子生婦(こんぶ)
2)優美和/結美和(ゆびわ)
3)寿留女(するめ)
4)長熨斗(ながのし)…鶴飾り
5)高砂人形(たかさごにんぎょう)
6)末広(すえひろ)…亀飾り
7)松魚料(まつうおりょう)…梅飾り
8)家内喜多留(やなぎだる)…竹飾り
9)御帯料(おんおびりょう)/小袖料(こそでりょう)…松飾り

◆簡略化する場合◆
・7品目:御帯料/小袖料、家内喜多留、松魚料、長熨斗、末広、高砂人形、子生婦
・5品目:御帯料/小袖料、家内喜多留、松魚料、長熨斗、末広

次のコラムを読む→仏前式の流れとおもな会場は?

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ