m165

段取りよく美しく撮影できる人に依頼

 写真や映像は一生の記念になるものなので、プロに依頼することをすすめます。会場を撮り慣れているカメラマンなら、絶好の撮影ポイントを熟知しているので、任せておけばすてきに撮ってくれます。
 外部のカメラマンは、会場によって持ち込み料がかかったり、撮影できない場所があったりするので事前に確認を。友人にお願いする場合は、ほしいカットを説明し、プリント代や謝礼を忘れずに。

ウエディングドレスや和婚なら着物のキレイな姿を素敵な写真に残したいですね。

思い出の残し方はさまざま

compressed_c39aaf18-4c50-4891-bbbd-e160ef84def4
 当日撮る写真には、親族が集合した記念写真と、スナップ写真があります。記念写真は、親族が勢ぞろいするからこそ撮れるもの。必要な枚数の焼き増しを依頼しておき、後日配ります。スナップ写真はカメラマンが新郎新婦に密着し、挙式から披露宴までの流れを追いながら撮ったもの。撮影のツボを心得ているプロでないと、何気ない二人の表情を押さえてもらうのが難しいかもしれません。
 また、「別撮り」は、ゆっくり撮影できるほか、結婚式では着ない衣装の写真も残せるメリットも。ビデオやDVDがあれば、結婚式に参加できなかった人に当日の雰囲気を鮮明に伝えられます。写真や映像は、それぞれ何が必要かをよく検討し依頼しましょう。

〜Check Point〜

会場をよく知っているプロがもっとも適任

技術や段取りに優れていることはもちるん、会場に慣れていれば、ベスト撮影スポットをよく知っている。

写真や映像の種類と必要なカットの確認

結婚式の写真には当日撮るものと、結婚式とは別の日に撮影する「別撮り」がある。写真のほかに、ビデオやDVDなど映像も残せる。それぞれの特徴を知り、必要なものを選択すること。

撮影依頼時の検討ポイント

videocamera001
 写真や映像を依頼する際は以下の点を確認しましょう。

だれに?

会場やプロデュース会社に手配してもらうか、自分でプ口力メラマンを手配するか、友人に依頼する。

カット数は?

平均300カット。アルバムや焼き増しでプリントしたもの以外に、データの形で残す。

別撮りは?

当日時間がない場合や、いろいろな衣装やポーズを試したい場合に。

DVD、ビデオは?

挙式と披露宴のどちらか、あるいは両方撮影してもらうか。音楽や仕上げ方もサンプルを見ながら検討する。

予算は?

力ット数や仕上げによって予算は変わる。友人に頼んだ場合は実費+謝礼として2万〜3万円支払う。

仕上げは?

焼き増しにいくらかかるか、アルバムに仕上げてもらうときは、サンプルを見ながら入る枚数や好みの仕上げ方を、検討する。

撮影場所は?

外部のカメラマンや友人は、挙式場など撮影不可の場所もあるので確認を。後述の「撮影ポイントリスト」などを参考に。

押さえておきたい撮影ポイント。

控え室・メイクシーン

挙式

入場、誓いの言葉、指輪の交換、フラワーシャワーなど。
※挙式場によっては撮影不可の場合も。

披露宴

入場、乾杯、ケーキカット、歓談風景、お色直し入場、キャンドルサービス、余興、花束贈呈、新郎謝辞、お見送りなど。

小物

ウエルカムボード、ブーケ、ウエディングケーキなど。

会場

会場内の雰囲気、テーブルセッティング、料理、外観。

屋外

雰囲気のよいガーデンやテラスなどでの撮影が可能なら。

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ