463007d1ac82987c6ec08f7d013ab540

披露宴に呼べなかった人達に来てもらう

二次会をするかしないかを、まず検討。 二次会には披露宴に呼べなかった人に参加してもらう。

友人に幹事を依頼する

3〜2か月前には幹事を決定しておき、予算や希望の雰囲気を伝え準備を任せる。

新郎新婦と幹事の役割を明確にする

だれがどんな準備をすればよいのかを 最初の打ち合わせで決定する。

披露宴に呼べなかった友人を中心に

和婚の二次会
和婚・神社婚・披露宴終了後、結婚式や披露宴に招待できなかった人を含め、あらためて結婚を報告するのが二次会です。一般的には友人を幹事に据え、参加者が新郎新婦をもてなす形をとり、レストランを貸し切ったり、 ゲームを盛り込んだりして、披露宴とは違った雰囲気のパーティーになります。
 飲食代は会費でまかないますが、オーバーしたぶんや景品代は、新郎新婦が負担することが多いようです。披露宴ではもてなす側として緊張していた新郎新婦も、肩の力を抜き、同年代の友人達と、喜びを存分に分かち合いましょう。

幹事の友人への気づかいを忘れない

和婚の二次会に必要なスタッフは、全体を取りまとめる幹事、司会者、 受付・会計係、撮影係や音響係など。新郎新婦双方から数人ずつお願いするのが一般的で、なるべく披露宴で役目をお願いしていない 友人に依頼します。
 予算やイメージを伝え内容などはある程度任せますが、幹事の負担を考え、会場や招待客への連絡 などできることは自分でする気づかいはほしいところです。また、幹事を引き受けてくれた友人には 心付けは不要ですが、パーティー 終了後にプレゼントなどを手渡し、ていねいにお礼を述べます。

二次会準備の段取り

□→新郎新婦、*→幹事がおこなう

▼3か月前〜

□予算の割り出し

出席人数えお計算してどれくらいの規模でおこなうか決定

□幹事依頼・打ち合わせ

どこかがどこまでを任せるのかしっかり役割分担
予算・規模を伝え、必要なら準備金などを手渡す用意を

□会場探し

幹事の負担を減らすため新郎新婦が手配することが多い
[会場]
披露宴と同日におこなう場合、両方に参加する人の移動がラクなよう、近くで探します。レストラン、カフェ、バー、パーティースペース、ダイニングバー、クラブなど選ぶ会場によってパーティーの雰囲気も異なります。

▼2か月前〜

*会場予約

招待状の発送

返信は集計者宛に
最近はメールで済ませることも

*プログラムの決定

*衣装を決める

新婦はカクテルドレスなどパーティードレスで
新郎はブラックスーツやタキシードで招待客の目を楽しませて

▼1か月前〜

*招待客名簿づくり

参加人数が確定したら、会場に連絡

□記念品などの準備

[記念品]
引き出物を用意する必要はありませんが、記念になるものやプチギフト、ゲームの商品などを用意するのが定番。

〜プランナーのadvice!〜

ウエディングプランナー
幹事の負担を考えこんなところを気づかって

予算

当日会費で回収することになっていても、それまで幹事に大金を立て替えさせるのは避けましよう。事前に準備金としてまとまったお金を渡しておき、その中でやり繰りしてもらうようにします。
当日、キャンセルが出て赤字になったりしてもあわてないよう、予算は多めに組んでおきましよう。

人数の確定

人数が早めに決まっていれば、演出など計画がそれだけ立てやすくなります。招待状、メー ルでの連絡はなるべく早めにしましよう。

お礼

幹事やスタッフからは会費を受け取らないなど、配慮しましよう。また、大役を引き受けてくれたお礼なども、相応のものにします。二次会の幹事には、基本的に現金でのお礼はしませんが、商品券やプレゼント、またハネムーンに行くのならちよっと豪華なおみやげなどを贈りましよう。

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ