結婚式の出費のタイミング

「いつ」支払うかを確認し無理のない準備を

 理想の結婚式を挙げるため、結婚資金が貯まるまで待つなど、無理せずに準備を進めましょう。これは結婚式の形式が神社婚などの和婚であってもそうでなくても同じことが言えます。

 結婚資金は、二人の預貯金以外に、親の援助やご祝儀で補うこともできます。しかし、結婚式のお金は基本的に事前振り込みとなっているため、ご祝儀が入る前に全額用意しておく必要があります。
 支払いの流れをおさえておき、大きな金額が必要になる時期をボーナス時に合わせるなど、支払いのタイミングを計画しておくと安心。オリジナル見積もりをつくると同時に、いつ、いくら必要かもメモしておきましょう。

支払いの方法を担当者に相談する

 ふだんの食事はカードで支払っているレストランでも、結婚式となると高額になるためカードが使えない場合が多いでしょう。
 カードを使っての分割払いはできなくても、ブライダルローンなどで分割払いを受け付けている会場もあるので、担当者やプロデュース会社に相談してみましょう。

〜結婚式Check point〜

■会場へは前払いが原則。分割払いもできない
会場への支払いは、前払いで、クレジットカードなどの分割払いも利用できないことが多い。どのタイミングで、いくらくらいの出費があるのか予定しておくと安心。

■「いつ」「いくらくらい」必要なのかをチェック
会場に支払う金額がいちばん大きい。それ以外にも結婚式の前後に支払いが必要なものがある。

支払いのタイミングを確認

 金額はあくまでも目安です。自分が必要な支払い額を調べ、支払うタイミングを確認しておきましよう

<6ヶ月前>会場決定/予約内金:約10万円(会場による)
 (※予約後1週間以内に支払う場合が多い)

<5〜4ヶ月前>衣装選び/ドレス予約内金:1着約2万円
 (※残りは、挙式1週間前に支払う)

<3〜2ヶ月前>
●招待状発送/切手代金:1通約120円
 (筆耕を依頼すれば、その代金も)
●手づくりアイテム/招待状など手作りした場合の材料費:アイテムによる
●結婚指輪/購入代金:二人ぶん約20万円
●ブライダルエステ/エステ料金:約6万円(コースによる)
●新居契約/敷金、礼金、仲介手数料、家賃:約60万円
●新生活準備/家具、家電購入:必要なものによる
●新婚旅行/申込金を含めた総額(二人ぶん):約55万円(旅行地による)

<1ヶ月前>リハーサルメイク/ヘアメイク:1スタイル約1万円

<1週間前>会場への支払い/内金などを引いた残額:約300万円
 (※最終見積金額のうち、支払いが済んでいない分)

<当日>心付け/会場の係への心付け・お礼など:約5〜10万円

<後日>
●結婚報告ハガキ/ハガキ代、制作費:約1万円
●写真焼き増し/焼き増し代金:約6千円
●新婚旅行/おみやげ代:約10万円

結婚資金に関するQ&A

Q.結婚式(和婚)の費用はどのように分担すべき?
A.原則は二人(両家)で折半。衣装代などは自己負担でもOK。
 結婚式の費用は、両家で折半するのが原則ですが、衣装やエステ代などは、それぞれ自分で負担してもいいでしょう。招待人数が大幅に異なる場合は、負担の割合を相談して決めましよう。
Q.キャンセル料についての規定はある?
A.BIAの規定が目安となっています
 日本ブライダル事業振興協会(BIA)では、目安となる規定を作成しています。

《BIAのキャンセル料の規定》

  • 挙式披露宴の179〜150日前までに解約
     →申し込み金の全額+実費(実費は印刷物の制作費など)
  • 挙式披露宴の149〜90日前までに解約
     →見積もり金額の20%+実費
  • 挙式披露宴の89〜60日前までに解約
     →見積もり金額の30%+実費
  • 挙式披露宴の59〜30日前までに解約
     →見積もり金額の40%+実費
  • 挙式披露宴の29〜10日前までに解約
     →見積もり金額の45%+外注解約料+実費
  • 挙式披露宴の9〜前日までに解約
     →見積もり金額の45%+外注解約料+納品済み物品代金
  • 拳式披露宴当日解約
     →見積もり金額の100%(サービス料除く)
Q.急用で来られない人の支払いも必要?
A.ほとんどの場合キャンセルは不可
 料理の手配は人数ぶんでされているので、来ない人のぶんの精算は難しいでしょう。席次の変更は2、3日前くらいまでなら受け付けてくれるかもしれません。
Q.延長料金はどれくらいかかる?
A.料金は会場によって異なります
多少の延長であれば大目に見てくれる会場が多いようですが、30分を超えると、延長料金がかかります。会場により金額は異なり、30分ことに5千〜3万円くらいが相場のよう。プロの司会者や演奏者にもその時間ぶんの料金がかかるので注意しましょう。

次のコラムを読む→ 【京都での結婚式が人気!】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ