34016_m

披露宴の印象を左右する司会者の人選

 司会は、経験豊かなプロに依頼するのが無難。一般的に、女性は華やかな印象で人気があり、男性 は声が通り盛り上げ上手であるよう。

プランナーに人選を任せれば、二人の結婚式のイメージに合う人を紹介してくれます。

 カジュアルな披露宴で、友人に司会をお願いする場合は、社会的な常識があり、人前でもはきはき しゃべれる人に依頼しましょう。

依頼時に二人の希望をしっかり伝えて

9b75674f9dabf69d8402a452bca5c27a_s
 会場やプロデュース会社が手配した司会者との打ち合わせは、最初の顔合わせの1回だけで済みます。

このときに司会者は、二人にいろいろと質問し、人柄やなれそめをよく知ろうと努めます。

進行 などの打ち合わせは、司会ぶりをよく知っているプランナーに任せます。

 司会者はその後、スピーチや余興をする友人の情報をプランナーから集めたりして、台本に活かします。

盛り込んでほしい内容や希望があればプランナーを通して伝えてもらいましょう。

 友人に依頼する場合は、打ち合わせを何度も重ねる必要があります。

会場の動線確認のため、下見にも来てもらいます。連絡を密にとり、台本づくりにも協力しましょう

〜Check Point〜

pixta_13853155_M

披露宴の雰囲気に合わせてだれに依頼するか考える

大規模な披露宴は、経験豊かなプロに依頼すると安心。

ある程度プランナーに人選をお願いする。

二人のことをいかに知ってもらうかが成功のカギ

プ口でも友人でも、打ち合わせで二人の人柄や希望を司会者にしっかり伝えられるかどうかが、披露宴の成功につながる。

司会者依頼メリットデメリットで比較

m93

○友人

メリット:二人のことをよく知っているうえ、出費が抑えられます。

デメリット:何といっても当人に心理的な負担をかけてしまいます。

会場の動線や進行など細かく説明しなければなりません。

食事をとるひまもないので、後日あらためてお礼をするなどの配慮が必要です。

予算:お礼として3万円程度を。

また、ほとんど食事をとる時間がないので、ご祝儀の受け取りは辞退しても。

○会場・プロデュース会社手配のプロ

メリット:会場のことをよく知っていて経験もあるので、何かとフォローしてくれて安心。

スタッフとのチームワークで、盛り上げてくれます。

デメリット:ニ人のことを知らないので、よく説明する必要があります。

腕のいい人ほど司会料が高くなります。

予算:平均6万〜7万円。高い人は10万円以上かかります。

司会料以外にも心付けが必要です。

フリーのプ口

メリット:会場やプロデュース会社を介さないので、割安に依頼できます。

デメリット:会場によっては、外部の司会者を断っているところも。

ネットなどで探た場合、実際に会ってやりとりをしてみないと人柄や実力はわかりません

予算:3万〜5万円+交通費+心付け

〜プランナーのadvice〜

友人に依頼するときは負担の大きさを考えて

プロでない限り、友人に司会を任せるのは負担が大きくあまりおすすめできません。

司会者は、食事をする時間もほとんどなく、二人をゆっくり祝福することもできません。

それでも友人にお願いしたいのであれば披露宴で、すっかり冷めた料理を召しあがってもらうのではなく

後日あらためて食事に招待するなどの気づかいをしましよう。

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ