結婚式の情報を集める!

広がりを見せる結婚式。二人に合うものを選んで

 結婚式では、おもに夫婦となるための挙式と、夫婦になったことをお披露目する披露宴をおこないます。
 挙式も披露宴もさまざまなスタイルがあり、式場、会場も、好きなように選べます。
 たくさんの選択肢の中から、二人らしい結婚式のスタイルを決めるために、まずは、情報を集めて「知る」ことが大切です。

ホームページや情報誌利用してイメージ固めを

 最初に決定しなければいけないのが「挙式スタイル」と「会場」。
いろいろな情報に触れて、自分達はどんな結婚式にしたいのか、考えることから始めましょう。
 「友達をたくさん呼びたい」「こぢんまりとアットホームな式」など、最初は漠然としたイメージで構いません。徐々に希望を固めていきます。

方向性がしほれたら足を使って情報集め

 方向性が決まったら、自分達の希望どおりの挙式・披露宴ができそうな会場を選んでいきます。
 数件までしぼり込んでから、実際に足を運びます。その際は、下見であることを会場の人に伝えて、見せてもらいましょう。

~Checkpoint~

書籍や情報誌、インターネットを駆使して

情報を集める媒体ごとに特徴はさまざま。特性を理解したうえで目を通し、イメージを固めること。

イメージに合う結婚式場をピックアップしておく

「こんな結婚式がしたい」と漠然とイメージできたら、どんな会場があるのか調べてみる。

結婚式の情報を集める!

結婚式の情報の集め方

書籍:段取り・マナーを押さえる

さまざまな年代、立場の人が一堂に会する結婚式。ホストである二人なら知っておきたいマナーがたくさんあります。「こんなときどうすれば?」というときの手助けになります。
<注意:少し古い情報が含まれている場合もあります>

結婚情報誌:フェアなどのお得情報が満載

結婚式の流行や会場のことをくわしく知りたいとき、最新の情報を手に入れられます。フェアなどのお得情報も役立てて。最近は、フリーペーパーもあります。
<注意:ある程度希望をしぼり込んでからでないと、情報が多すぎて収拾がつかなくなることも>

会場のパンフレット:会場の特色がわかりやすい

その会場の売りをアピールするもの。どんな演出ができるか、どんなサービスをしてくれるのかがわかります。
<注意:長所ばかりを強調して掲げられているものなので、実際に下見に出かけて短所も見たうえで判断すべきです>

経験者:「ああすればよかった!」の宝庫

身近な経験者の生の声、とくに、失敗談は参考になります。不安や疑問が生じたときに、相談にのってもらえると心強いでしよう。
<注意:ものごとの感じ方には個人差があります。あくまで、個人の意見であることを忘れずに>

インターネット:ほしい情報がすぐに手に入る

最近は「結婚準備室」をはじめとし、結婚情報の総合サイトも充実しています。自分の希望の会場を検索したり、掲示板で疑問に答えてもらえたりもできて便利。
<注意:掲示板の意見は、やはり個人的なものです。なんでもうのみにせず、最終的には自分で判断を>

会場見学:スタッフに直接質問できる

現場をもっともよく知る人に話が聞けるので、どんな些細な疑問にも答えてもらえるでしよう。
<注意:急な訪問だと、担当者がいなかったり、忙しかったりして説明が聞けないおそれもあります。できれば、事前に連絡を入れておきましよう>

ブライダルフェア:当日の雰囲気がよくわかる

模擬挙式や試食会などをとおして、その結婚式場で挙げる結婚式の雰囲気がよくわかります。<注意:試食会やリハーサルメイクなど予約が必要なものもあるので、調べてから出かけましょう>

次のコラムを読む→プランを立てる前に確認を!

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ