和婚のBGM

シーンに合った選曲で披露宴を盛り上げて

 自分達らしさを演出するためにBGMの選曲は自分でしたいと考える人が増えているようです。もちろん選曲にこだわるのは構いませんが、ひとりよがりにならないよう、全体の流れの中でそのプログラムがどんな位置づけなのかを意識し、それに合った曲を選ぶことが大切です。BGMがばっちり合うと、さらに感動が深まります。たとえば、披露宴のハイライトであるケーキにナイフが入った瞬間は、大音量でおおいに盛り上げたいところ。ドラマチックにサビを歌い上げた曲などが向きます。
 会場に選曲をお願いする場合は、イメージや好みを伝えるようにしましょう。

もちろん和婚ならあまりテンションの高い曲はひかえましょう。

どうしても使いたい曲はプランナーに相談を

 とても美しい曲だけれど、歌詞を確かめると失恋ソングだったりすることはよくあります。新郎新婦が気にならなければ使っても問題ありません。気になるのなら、歌詞のないインストゥルメンタルにするなど使い方を考えましょう。
 また、邦楽は手紙を読む場面などで使うと歌詞と言葉が重なってしまうので、ケーキカットなどナレーションのない場面で使うとよいでしょう。こだわりの曲があれば、使いどころをプランナーに相談しましょう。
和婚なら和婚の雰囲気にあったBGMにしましょう。

〜Check Point〜

結婚式のBGM選び

シーンごとにふさわしい曲を選ぶ

手紙の朗読時はしっとり系、歓談スタートのときは明るい曲など、ふさわしい選曲を。

念のため決める前に歌詞を確認

とくに外国の歌の場合、知らずに失恋ソングを選んでしまうこともあるので注意が必要。

曲の使いどころはプランナーに相談する

自分の好きな曲、使いたい曲は、どのシーンにもっとも合うのかプランナーに相談して決定。

選曲のポイント

結婚式選曲
 結婚式のテーマが「ハワイ」ならハワイアンで統一するなど、テーマに沿った選曲でもすてきです。映像に流す曲にもこだわりましょう。

テンポのゆっくりした曲を

【新郎新婦入場】
インパクトのある印象的な曲を選びましょう。比較的スローテンポの曲が歩きやすくて向いています。

盛り上がる曲を

【乾杯】
メリハリのある華やかな曲を。「乾杯!」の唱和に合わせて音量を上げます。

【ケーキ入刀】
ケーキにナイフが入った瞬間、ドラマチックな曲で盛り上げます。

【お色直し再入場】
イント口で招待客の期待をあおり、サビの部分でドアを開けてもらい、ドラマチックに演出します。

【キャンドルサービス】
メインキャンドルの点火の瞬間、クライマックスで一気に盛り上げます。思い出の曲や有名な曲を使うとより印象的に。

リラックスできる曲を

【迎賓】
リラックスして過ごせるよう、明るくやさしい曲を。歌詞のないインストゥルメンタルのほうが、招待客どうしの会話の邪魔になりません。

【食事・歓談】
会話の邪魔をしない、歌詞のないものが無難です。リラックスできる曲を静かに流します。

テンボのよい曲を

【お色直し退場】
新郎新婦で別々の曲を選びます。新婦はテンポよく明るい曲で、エスコートがあれば雰囲気に合ったソフトなものを選びます。新郎は、にぎやかに退場するのなら、ややコミカルな曲調でもマッチします。

【お見送り】
披露宴の余韻にひたれるような明るく希望にあふれた曲を選びましょう。

情感あふれる美しい曲を

【花束贈呈】
アップテンポな曲は浮いてしまうおそれがあります。はじめは静かでだんだん盛り上がるような美しい曲を。手紙を読む場合は歌詞のないものを選びます。

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ