和婚にかかるお金

和婚のお金の相場はあくまで参考に。かけどころを考えて

 結婚式の総額平均は約320万円とのことですが、その内訳によって金額は異なります。どこにどのくらいお金がかかるのか、和婚にかかるお金の平均額を見ていきましょう。これらは、あくまで目安なので、自分たちはどこを節約し、どこにいくらかけるのか、無理のない範囲で考えていきます。

 会場に見積もりを出してもうと、最初は最小限の項目しか書かれていません。しかし、必要なオプションを加えたり見積もりからは見えない出費が重なったりして予算を圧迫してしまう場合も。細かい項目ごとに目安金額を見ていき、予算内に余裕をもって収まるかどうかを確認しましょう。

〜結婚式Check point〜

着物を着た女性

平均金額を参考にお金のかけ方をシミュレーション

 和婚にかかる平均金額を把握し、どこにお金をかけるか、どこを節約するか考える。

結婚式だけでなく新生活までトータルで考える

 新生活や、ハネムーンなどの出費も予定しておかなければならない。ボーナスや毎月の収入のタイミングなどを考え、無理なく予算を組むこと。

〜ウエディングプランナーのアドバイス〜

和婚ウエディングプランナー

お金をかけるところ、節約するところでメリハリをつけて

和婚や神社婚のテーマや二人のこだわりを大事にし、予算のかけどころを考えます。たとえば「おもてなし婚」をテーマとするなら、料理や飲物にはお金をかけ、衣装の方で節約を考えるなど、メリハリをつけることが予算内にうまく収めるコツ。
 ビデオや写真の撮影費を削る人がいますが、撮影だけでもプロに頼んでおくことをおすすめします。撮影後にデータを貰っておいて、アルバムなどの形に残すのは、余裕ができてからにするのもよいでしょう。

結婚式(和婚・教会婚含む)にまつわるお金の平均額

結婚式にまつわるお金
※金額は首都圏の平均

挙式、披露宴総額:316万円

挙式・披露宴にかかった費用の総額の平均。結婚式場・ホテルで結婚式を挙げた人は10万〜15万円ほど平均額より高めで、レストランで挙げた人は、40万円ほど平均額を下回る。

挙式料:8万7000円

海外挙式を除く、すべての挙式スタイルでの平均金額。キリスト教式より神前式のほうが少し安め。

パックプラン:127万9000円

挙式料、料理、飲み物、ケーキ、一定の演出など、さまざまなものがセットになっていて、一定の料金で提案されているプラン。費用的にはお得だが、融通がきかなかったり、オプションをある程度加えないと形にならなかったりする場合も。
(※招待客数や会場によって金額は異なる。招待客の平均は70名ほど)

結婚指輪(二人ぶん):2O万3000円

指輪の購入金額は、年々増加傾向にあるよう。新郎は平均9万4000円、新婦は11万2000円と新婦の指輪が少しだけ上回るという結果に。

新婦衣装(総額):41万2000円

新婦が衣装にかけた平均総額。ウエディングドレスを着た新婦は全体の9割以上で、ウエディングドレスのレンタルまたは購入費用の平均は21万5000円ほど。

新郎衣装(総額):12万5000円

新郎が衣装にかけた平均総額。タキシードを着た新郎が約7割で、レンタル・購入費用を含め平均は10万4000円ほど。

料理(一人あたり):1万300円

一人あたりの料理費用平均は、年々増加傾向にある。

飲み物(一人あたり):3700円

一人あたりの飲み物代の平均額。フリードリンク制にしなかった場合は平均4500円と少し差が出る。

席札(一部あたり):215円

席札を手づくりした人は45%いて、手づくりした場合の平均額は122円。会場の業者に頼むと平均321円。
《会場の業者-手づくり 100部あたりの節約額》>1万9900円

席次表(一部あたり):427円

手づくりした人は47%いて、手づくりした場合の平均額は198円。会場の業者に頼むと平均660円。
《会場の業者-手づくり 100部あたりの節約額》>4万6200円

メニュー表(一部あたり):198円

手づくりした人は39%いて、手づくりした場合の平均額は79円。会場の業者に頼むと平均348円。
《会場の業者-手づくり 100部あたりの節約額》>2万6900円

プロフィール・パンフレット(一部あたり):323円

手づくりした人は33%いて、手づくりした場合の平均額は137円。会場の業者に頼むと平均578円。
《会場の業者-手づくり 100部あたりの節約額》>4万4100円

引き出物、引き菓子(一人あたり):6500円

うち、引き菓子の平均は1300円ほど。品目数の平均は、引き出物と引き菓子を合わせて、首都圏で2.3品。会費制で披露宴をおこなう北海道では平均2100円。品目の平均が4.2品の新潟や富山、石川、福井など平均1万円を超える地域もある。

プチギフト(一人あたり):327円

約9割近くの人が、プチギフトを用意した。会場で用意する人と外部から持ち込む人が、だいたい半分ずつ。外部から持ち込む人は、インターネットで探すことが多いよう。

プロの司会料:6万7000円

プロに依頼した人は86%ほど。友人に依頼した場合は、2万〜3万円程度の謝礼が必要。

招待状(一部あたり):423円

平均額は、制作費のみ計算。招待状は、64%の人が会場の提携業者に頼み、34%の人が手づくりしている。外部の業者に頼む人は2%程度。会場の業者に頼むと平均514円、手づくりすると平均290円。
《会場の業者-手づくり 100部あたりの節約額》>2万2400円

別撮りスタジオ撮影:15万4000円

別撮りをおこなった人は24%いた。別撮りでロケーション撮影をおこなった場合の平均額は16万6000円。

ビデオ撮影15万5000円

ビデオを撮った人は72%。そのうち、プ口に頼んだ人が81%、友人・知人に頼んだ人が19%。

|二次会会場費(総額):38万1000円

二次会をおこなった人は61%。招待客数は平均59人。

結婚報告ハガキ制作費(切手代を除く):1万2000円

結婚報告ハガキを出した人は56%。枚数は平均84枚。

親へのギフト総額(花束贈呈を含む):2万5000円

親へのギフト贈呈をおこなった人は、89%ほど。

装花:18万2000円

会場提携の装花屋に依頼した人が96%で、平均額は16万9000円。外部の花屋に頼んだ人の平均額は13万7000円となった。

ブーケ(一つあたり):2万6000円

会場提携の装花屋に依頼した人が72%、外部の花屋を利用した人が19.4%。友人・知人の手づくり、本人の手づくり、レンタルした人などもいた。

スナップ撮影:21万2000円

会場専属のプロに頼んだ人が84%。そのうち、いっしょにアルバム作成を依頼した人は88%ほどいた。

二人の預貯金を基本とし結婚資金を把握しよう

夫婦で結婚資金を把握
 和婚・神社婚、教会での結婚式問わず結婚費用の総額平均はおよそ430万円程度といわれています。これには結婚式だけではなく、結納、新居準備やハネムーンなども含まれているので、やらないことが増えれば安くなりますし、いろいろなところにかければそれだけ高くもなります。
 なかでもいちばん費用がかかるのは、結婚式関連。挙式・披露宴費用の総額平均は316万円で、ここにかけるお金をどうするかによって、結婚費用総額は大きく変わります。
 ご祝儀や親の援助でまかなうこともできますが、基本的には自分達の経済力と相談しながら資金を計算すべきです。二人の現在の預貯金や収入に合わせて、結婚資金を設定しましょう。

会費制にするかご祝儀制にするか検討

会費制・ご祝儀制の結婚式
出典:https://wedding.gnavi.co.jp/
 北海道では「会費制」の披露宴が一般的で、約9割が会費制のようです。それ以外の地域では約9割が「ご祝儀制」です。会費制にするかご祝儀制にするかは、最初に話し合って決めておきましょう。
 仕事関係者や年配者が多い格式重視の式でなら、ご祝儀制を選択するほうがベターです。また、友人など同年代が多い式であれば会費制にして、招待客の負担を軽くする配慮もよいでしょう。

〜結婚式Check point〜

結婚資金として使えるのは「二人の預貯金」「親からの援助」「ご祝儀」の3つ

 多くが親や親族からの援助を受けているよう。また北海道を除く地域では、ご祝儀制が一般的。和婚でも神社婚でも同様です。

あとから入るお金はあてにせず自分達の預貯金の範囲内で

 結婚式の費用は基本的に前払い。当日いただけるこ祝儀を支払いのあてにはできないので、費用と同額以上の蓄えが必要になる。

披露宴には「ご祝儀制」と「会費制」がある

 予算や客層、披露宴の位置づけによって、どちらにするか選択をしましょう。

次のコラムを読む→ 【結婚式で見積もりよりも高くなる費用とは】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ