結婚式で引き振袖、本振袖を着たい女性が増加している理由

メリットが多い

最近はブライダル業界もたくさんの花嫁衣装を提供していて、多くの種類の中から自分の着用したい花嫁衣装を選ぶことができる時代です。
和装姿だけでも、白無垢、色打掛、引き振袖、本振袖、黒引き振袖などたくさんの種類があります。
その中で今人気が上がっている引き振袖や本振袖。たくさんのメリットがあると言われており、自分の花嫁衣装としてこれらを選ぶ花嫁が増えています。

ですが、白無垢や色打掛ではなく、なぜ引き振袖や本振袖なのでしょうか。
この引き振袖や本振袖は、白無垢、色打掛に比べてとても軽いと言われており色々と動き回らなければならない挙式や披露宴にとても向いていると言われています。
特に披露宴は、何度も立ったり座ったりしなければならず、招待客のテーブルに挨拶に回ったり、様々なイベントに加わったり、動き回ることが多いので体に負担の少ない衣装の方が良いとされています。
振袖類の花嫁衣裳はとても動きやすく、そしてお色直しも早いと言われているので招待客を待たせずに式を進行することができます。
また洋装の中では一番洋髪が似合うと言われており、アレンジのしがいがある花嫁衣装です。
典型的な和髪を合わせることも出来ますし、大きな髪飾りを飾ってボリュームを出した洋髪も合わせることができます。
一番人気なのは大きな生花を飾った洋髪スタイルだと言われており、多くのウエディングスタイルの雑誌やネットのサイトなどに載せられていますので、参考にできるかもしれません。

家族に見せたい

結婚式で引き振袖、本振袖を着たい女性が増加している理由

自分の結婚式で、引き振袖、本振袖を着た女性が増加している理由としては、振袖姿を家族に見せたいという理由があるのです。
通常振袖は独身の女性が着る和装衣装ですし、結婚して既婚者となると着用することができなくなってしまいます。
そのため、結婚式を最後にして子供の振袖姿を見たいと願っている親たちも少なくないと言われています。
同時に祖父母も孫の振袖姿を見ることを楽しみにしており、洋装姿だけだったということにがっかりしたという場合も少なくありません。
もちろん結婚式は自分たちのためのものですが、親や祖父母など、今までお世話になったことを感謝するためのものでもありますから、家族の意向も汲んで花嫁衣装を決めることができたら良いかもしれません。
親孝行のつもりで親が楽しみにしている花嫁姿を見せてあげることを意識して見ることができるかもしれません。

挙式や披露宴で振袖姿を披露する人たちの中には、代々受け継いだ着物をリメイクして結婚式に着用するという人たちもいます。
祖母や母親から譲り受けた年代ものの着物は、それぞれの思い出が詰まっておりとても価値のあるものです。
それをとても大切なイベントである結婚式に着用してくれたという事実は、家族にとってとても思い出深い結婚式となるようです。
個性を大切にすることや、伝統を大切にすることも必要ですが、家族の気持ちを一番に組んだ結婚式が何よりも大切なのかもしれません。

次のコラムを読む→【結婚式の和装衣装とは?】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ