24357_m

プチギフトを手渡すのは新婦の役目

 プチギフトは、引き出物とは別に渡す、ちょっとしたプレゼントです。必ず用意すべきものではありませんが、あると喜ばれます。渡すタイミングは、お色直し再入場のときとお見送りのときが多いようです。渡すのは新婦の役目となっていて、新郎はかごを持つなどのサポートにまわります。
 一人ひとりに両手を添えて笑顔で渡せば、招待客との会話のきっかけにもなり、なごやかな雰囲気を醸し出せます。プチギフトに新居の住所を書いたカードを添える人も。ひと言感謝の言葉を手書きするとさらに喜ばれるようです。

和婚なら和の雰囲気にあったギフトもオススメです。

幸せをおすそわけする気の利いたものを

結婚式プチギフト
 プチギフトの予算の日安は、一般的に一人あたり300〜500円ほど。プチギフトの代表は「ドラジェ」というお菓子。
 クッキーやチョコレート、キャンディーなどもよく贈られ、手づくりしてきれいにラッピングするという人もいます。そのほか、ティーバッグやハンカチ、入浴剤、お著など候補は多岐にわたります。
 生ものなど、持って帰るのに困るものは避けましょう。

〜Check Point〜

引き出物とは別にプチギフトを渡すか検討する

お色直し再入場のときやお見送りのときに、プチギフトを渡す演出が人気。

気が利いていてもらってうれしいものを選ぶ

高価でなくても、もらって困らないセンスのよいものを選ぶ。

<アンケート>みんなどんなプチギフトを選んでいる?

食べ物系

●クッキー:もらってすぐに食べられるのがうれしい
●地元ケーキ屋のお菓子:味にこだわりたかった
●地元スイーツ:これから私達が暮らすところを紹介したかった
●紅茶:ドレスの色と紅茶の入ったカゴが統ーされて華やかだった
●ビンに入った小さいはちみつ:使えた
●小さいジャム:自分達でかわいらしくラッピングし、予算がおさえられた
●手づくりお菓子:新婦が初めて新郎につくったというなれそめも含めほのぼのした
●お茶漬けの素:コースの最後は自宅でのお茶づけで締めて…の意味を込めて

生活雜貨系

●バスグッズ:使えるものはうれしい
●ハンドタオル:新郎が獣医なので動物柄にした
●手ぬぐい:祭り好きの二人らしくてよかった
●ミニ刃物セット:実用性がある

プリント系

●二人の顔がプリントされたクッキー:オリジナリティがあってよい
●二人の似顔絵入りガム:食べられて個性も出せる
●海外挙式の写真がプリントされたパッケージのドリップコーヒー:ほのぼのした
●名前入りタオル:広告風に二人の新居案内が入っていてやられた!と思った

困った意見も参考に

●実家でつくったりんご:重かった
●キャンドル:かわいいけど使わないかな
●ポプリ:においものが苦手なので困った
●耳かき:3回くらい耳かきが続いたので

結婚式のギフトの定番「ドラジェ」とは

結婚式ドラジェ
 ドラジェとは、アーモンドをペースト状の砂糖でコーティングしたお菓子のこと。アーモンドの木は実をたくさんつけることから子孫繁栄の象徴とされ、ヨーロッパでは結婚式などのお祝いごとに欠かせないものとされています。かつては披露宴終了後、新婦がベールをカットしてドラジェを5粒包んで渡していたそう。5つの粒には「幸福」「健康」「子孫繁栄」「長寿」「富」という意味が込められていました。

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ