神社婚と宗教のかかわり

仏教にも種類がある

京都生まれの結婚を考えてる方もあまり興味がないとおもわれますが何故「神社婚を進める義理の親がおおいのか?」若くして結婚を考えてらっしゃる方にはわかりにくい部分だと思われます、結婚式には大きく「和婚」(和式婚)と西洋婚この二つがあるのです。
互いに神様に見守られるという点では同じなのですが和婚は仏教、西洋婚はキリスト教と見守っていただく神様が相違するという点は知っていると思いますが日本の中には仏教と一概に言ってもたくさんの種類がある訳です。
家柄の一つである宗教と神社婚この2点は大きなかかわり方があるのです。
どの宗教が良いという訳ではなく義理の親たちは「先祖代々信仰心が強い仏教を子や孫に親の世代が終わっても信仰して行って貰いたい」と言う気持ちがあるのだと思います。

和婚を行う為の神社選びで分かってほしい大事な点

和婚を行う為にはどのような宗教を信仰しているのかを詳しく知る必要があります、小さいころから宗教になれない方なら頭がパンク状態になる事もあります。
つまり信仰している神社ではなく他の仏教の神社に結婚したいですがと相談に行くのはNGです、簡単に説明すると和婚をするのに教会に結婚の申し込みするようなものです。
結婚様式など変わってきますのでそのような事は義理の親に聞いてみたり相談すればよいでしょう。
神社選びをする場合はこの点をしっかり頭に入れて置く事が大事です。
和婚を申し込む場合はこの点に気を付けてください。
また義理の親には頼みにくい場合は夫に相談しましょう。

宗教を信仰していなくても和婚はできる

宗教に関係する人以外は和婚ができない訳ではありません、基本的にどのような宗教を信仰していても外国人さえ和婚をする時代ですのでご自由に参拝や祈祷は受けれます。
しかし京都ではお寺が多く神社が多いので親族が信仰する神社に行く事は暗黙の了解になっています、日本に住む外国人に劣っては和婚は自分の国にはない風習であり、女性の中には一度でいいから白無垢を着たいと願う程、日本の文化にあこがれる方も少なくはありません。

仏教の国京都だから和婚は広がった

神社婚と宗教のかかわり

沢山の仏教が混在する京都、町の風景も古風な様子が見て取れ和婚は江戸時代からこの町に継承された「和の心」なのです。
和の心を忘れる日本人が多い中結婚式は行う人たちはその心を忘れず、次世代の継承する人がいなくなるまで和婚は子から孫へまた玄孫まで引き継がれるのです。
和婚を行う人の裏でという文化を絶やさず引き継ぐ人たちがいるのです。

次のコラムを読む→【和装でオシャレで個性的な結婚式】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ