洋装の選び方(2)ーウエディングドレス

結婚式では小物のアイテムにもこだわりを

ウエディングドレスを選ぶときには小物選びもとても楽しいんです。
もちろんドレスだけでも素敵ですが、小物によってさらに輝かせてくれます。

ヘッドドレス ティアラやカチューシャなどの髪飾りの総称。果物のオレンジの木に咲く白い花を飾るのが正式。
アクセサリー ドレスを引き立てる。上品なネックレスやイヤリングを。
ブーケ 白い花が基本。デザインもさまざまなので、ドレスや体形に合わせたものを。
ベール 床まで届く長いものが正式。ドレスのデザインやチャペルの大きさとのバランスを考えて選んで。
手袋 い革のものが正式。今は素材や色も自由。
白が基本。ドレスの共布、エナメル、皮素材のものが主流。

会場別衣装選びのポイント

会場によって適した衣装があります。またマナー違反となってしまう衣装もありますのでチェックして見てください。

教会に適したドレス

肌の露出はなるべく控えめに。丈の長い、ボリュームのあるドレスに、ベールと手袋を着用するのが一般的です。後ろから見られることが多いので、バックスタイルにワンポイントのあるものを選ぶとよいでしょう。

ハウスウエディング・レストランウエディングに適した衣装

動きまわることが多いので、ボリュームを抑えたAラインドレスやスレンダーラインドレスがおすすめです。招待客との距離が近いので、素材は吟味して。レースやビーズを使った、繊細なドレスが目を引きます。

ホテルウエディングに適した洋装

招待客が多く、広くて豪華な会場の場合は、遠くからも見えるように、ボリュームのある華やかなドレスとブーケを選びましょう。照明演出が充実しているので、スパンコールなどのついたドレスが映えます。

海外ウエディングに適したドレス

日本からドレスを持ち込む場合は、シワにならずコンパクトにして持ち運べるものに。レースやオーガンジー素材のドレスがおすすめです。リゾートでの挙式は、丈が短く動きやすいドレスがいいでしよう。

代表的なウエディングドレス

洋装の選び方(2)ーウエディングドレス

  • プリンセスライン
    ウエストの切り替えから、スカートがふんわり広がったデザイン。このふくらみはパニエでつくります。下半身が力バーされるので、ぽっちゃりしている人にもおすすめ。
  • マーメイドライン
    上半身からひさまでは体のラインに沿っていて、ひざからすそにかけてギャザーやフレアが入っているデザイン。そのシルエットは人魚のように見えます。比較的、背が高くてスリムな人に似合うドレスです。
  • Aライン
    トップスはスッキリしていて、シルエットがアルファベットのAのように、下に広がっているドレス。どんな体形の人でも似合いやすく、縦ラインが強調されるので、背が高く見えます。
  • スレンダーライン
    体のラインにフィットしていて、シルエットが細く、ストレートなデザイン。シンプルなデザインが多く、大人っぽい雰囲気になります。縦のラインが強調されるので、背が高くてスリムな人におすすめです。
  • ベルライン
    スカートにギャザーが入っていて、ウエストからすそにかけて教会の釣り鐘のような形になっているのが特徴です。プリンセスラインと同様、体形を選ばず、華やかな印象を与えます。

2WAYドレスならお色直しの手間いらず

 1着で2通り着こなせる「2WAYドレス」は、お色直しの時間や手間がかからず、予算も抑えられることから人気です。スカートやそでなどのパーツが取り外せるタイプや、ケープやボレロでアレンジを加えるものなど、かんたんにイメージチェンジできるのがメリット。さらに小物や髪形を替えれば、雰囲気がグッと変わります。

次のコラムを読む→【洋装の選び方、試着マナー】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ