c4ff9490a3b77f539935c0b49c4494d5

新婦が映える衣装を選ぶ

 新郎の正式なフォーマルウエアは、時間帯によって異なります。昼間はモーニングコート、夜ならテールコートが正礼装です。最近では、夜の正礼装であるタキシードを、昼夜問わずに着用する人もいます。
 新郎の衣装選びのポイントは、新婦のドレスとの調和を考えること。ドレスのボリューム感とジャケット丈の、バランスやシルエットを合わせたりすると、並んだときにつりあいがよく見えます。
 また、新婦がお色直しをするときは、新郎もお色直しをしたほうがベター。衣装を替えなくても、ネクタイやポケットチーフの色をドレスと合わせるだけで印象が変わり、バランスも保てます。

試着のときは新婦の意見も

mens781
 試着の際は、肩のラインや後ろ姿をチェック。そで丈やズボンの丈の直しに応じてもらえるかも確認します。新婦に同行してもらい、見逃しがちなポイントを見てもらうとよいでしょう。
 また、結婚式当日、新郎にはへアメイクがつかないこともあります。その場合はブラシや整髪料を持参して、身だしなみを自分で整えましょう。オプションでお願いすることも可能です。

〜Check Point〜

新婦とのバランスを大切に
新郎の衣装を決めるときは、新婦の衣装と合わせることが大切。ドレスに合わせ、ジャケットの丈の長さを決めるのがベター。

マナーにのっとった衣装を選ぶ
挙式の時間帯に合わせたフォーマルウエアを着用する。

身だしなみをチェック
へアメイクがつかない場合は、整髪料やブラシを自分で持参。髪形やひげ、顔色のチェックを。

新郎の洋装

n1639

モー二ングコート

昼用の正礼装。上着の後ろの丈がひざまであり、前そでが斜めに力ットされているのが特徴。ベストを着用し、黒とグレーのストライプのズボンをサスペンダーでつるします。アスコットタイかネクタイを結びます。

フ口ックコート

昼用の正礼装。ダブルの上着で、丈がひざまであります。正式には黒の上着にアスコットタイを合わせ、黒とグレーの縦縞のズボンを着用します。カラータイプも人気で、背丈の高い人におすすめです。

テールコート

タ方以降の正礼装で、いわゆる燕尾服と呼ばれる衣装です。上着の後ろのすそが燕の尾のように長いのが特徴。正式には黒の上着とズボンに、白のベスト、白の蝶ネクタイを着用します。

タキシード

夜の正礼装。カマーバンドかベストを着用し、2本のモールつきのズボンを着用します。正式にはウイングカラーシャツに黒の蝶ネクタイを結びます。黒が基本ですが、シルバーや白も人気です。

必要な小物

ウイングカラーシャツ

フォーマルシャツで、襟の先が前に折れていて、鳥の翼に似ていることからこう呼ばれます。

サスペンダー

フォーマル用のズボンにはベルトを使わないため、ズボンにシワができないようサスペンダーを使用します。

手袋

白の布製、または革製を使用。「花嫁を守る」との意味があり、右手で軽く握るように持ちます。

ポケットチーフ

ジャケットの胸ポケットにハンカチーフを入れ、のぞかせます。白の麻かシルク素材が正式。

次の記事を見る→【新郎の和装について】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ