もっとも格の高い五つ紋付き羽織袴

423423
 新婦が和装を着る場合、新郎は和装でもっとも格の高い五つ紋付き羽織袴を着るのが一般的。五つの紋がっいた黒無地羽二重(くろむじはぶたえ)の羽織と長着(ながぎ)に、袴を着用します。
一つ紋や三つ紋の羽織もありますが、格が下がるので、お色直しやパーティーでの着用ならOKです。
 小物はすべて白で統一します。自分で用意するものを確認して、早めにそろえましよう。

和装から洋装なら新郎新婦ともにお色直し

 和装の場合、新郎新婦ともにお色直しをするのが一般的です。新婦が和装から洋装にお色直しするときは、新郎もいっしょにタキシードなどの洋装に着替えるとよいでしょう。 ただし、新婦が洋装から和装お色直しをする際は、新郎は洋のままでも構いません。

試着の際のチェックポイントを忘れずに

 試着は着物にくわしい人に同行してもらうといいでしょう。その際、自分の家の家紋を事前に調べておいてください。
 試着の際は、袖口の長さ、羽織の大きさ、袴の長さをチェックします。上下のバランスも確認しましよう。

〜Check Point〜

新婦が和装なら合わせるのがベター

とくに決まりはないが、新婦が和装を着用するなら、新郎は五つ紋付き羽織椅を着るのがバランスもよく、一般的。

和装のときはタキシードへのお色直しが定番

和装の場合、お色直しをおこなうのが一般的。新郎は、たいていタキシードに着替える。

肌着やタオルは自分で用意

通常、レンタルであれば小物も含まれるが、肌着類は自分で用意する。

五つ紋付き羽織袴

羽織袴

長襦袢(ながじゅばん)

白襟に白羽二重のものか、長着の下と同系色。

角帯(かくおび)

グレーか茶の錦やつづれの角帯で、下腹のあたりで締めます。

袴(はかま)

仙台平か博多平の、ひだのある袴。縦縞のあるものが正式。

白扇(はくせん)

竹骨の白い扇を持ちます。

草履(ぞうり)

草履畳表のもので、鼻緒は白。

羽織(はおり)

黒無地羽二重五つ紋付きに五か所染め抜き紋が入り、白の羽織ひもで留めます。

長着

羽織と同様、染め抜き五つ紋つきの黒羽二重と、グレーか茶色の羽二重を重ねます。

自分で用意するもの

・足袋:汚れたときに備えて多めに。
・ステテコ:袴からはみ出さない長さのものを選びます。
・肌着:UネックかVネックのもの。
・タオル:体を補整するために3〜4枚用意します。

紋付きの種類

一つ紋

背に家紋が1つある略礼装。

三つ紋

背に1つ、左右の後袖に2つの、計3つの家紋がある準礼装。

五つ紋

背に1つ、左右の後袖に2つ、前身ごろに2つの、計5つの家紋がある正礼装。

新婦が白無垢や色打掛けのときに色紋付き羽織袴を着る

黒以外の「色紋付き羽織袴」も人気ですが、これは略礼装になります。お色直しやパーテイーなら着用できますが、伝統的な挙式には不向きです。新婦が白無堀や色打掛けを着るときは、格を合わせて五つ紋付き羽織袴を着ましよう。

次の記事を見る→【結婚6ヶ月前からの準備】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ