slider_01

現代風にアレンジされた和装も人気

和婚といえば和装が魅力的ですよね。京都で和婚をあげる時は老舗の衣装屋さんがあるので、和婚は京都であげると良いと言われています。

 日本の伝統的な和装には、小物まで白一色で統一された白無垢や黒地でシックな黒引き振袖

金箔やししゅうの施された華やかな色打掛などがあります。いずれも格調が高く

挙式で着用できますが、挙式には白無垢や黒引き振袖、色打掛けは披露宴で着用することが多いようです。

 また、最近はオーガンジー(透き通っている平織りの綿布)やレースなどを素材としたドレス感覚で着用できる打掛けなどの「新和装」も人気です。

かつらを着用せずに地髪をアレンジして、現代風に着こなす人も増えています。

試着では助言を求め後ろ姿などのチェックも

 和装の試着は、洋服の上から打掛けや振袖を羽織るため、首のつまった服装は避けます。

 また、和装にはさまざまな決まりごとがあるので、試着は着物にくわしい人と行くのがベスト。

色や織り、柄によって印象が大きく異なるため、アドバイスしてもらいましょう。

たとえば小柄な人が、大きな柄や色鮮やかな色打掛けを着るとアンバランスになることもあるので、見きわめが必要です。

 試着時のチェックポイントは、招待客の視線を集める後ろ姿。

地色が肌の色に合うかや、外袖の柄の出方はどうかを確認します。

〜Check Point〜

和装のタイプを検討する

白無垢、黒引き振袖、色打掛け、新和装など、さまざまなタイプがあるので、会場の雰囲気に合わせて選ぶ。

試着では着物にくわしい人に付き添ってもらう

和装にはルールがあるので、試着に行くときは、着物にくわしい人に同行してもらい、意見を聞くのがベスト。

試着時に後ろ姿や外袖の柄もチェック

試着したら写真を撮り、自分では見にくい後ろ姿や外袖の柄も確認する。

代表的な和装スタイル

白無垢

白無垢

白い掛下に白い打掛けを羽織り、小物から下着まですべてを白で統ー。

「婚家の色に染まる」とい意味があります。神前式では綿帽子か角隠しで頭を隠して、披露宴ではずします。

黒引き振袖

もともと武家の婚礼衣装として着用されていた黒地の振袖で、近年人気が高まっています。

昭和初期までは、一般的な婚礼衣装でした。挙式のときは角隠しをつけて、披露宴ではずします。

色打掛け

白以外の打掛けで、赤や緑、黒などの地に、鶴亀、末広、鳳鳳などが金銀糸で刺編されていて

鮮やかで豪華に見えます。挙式のときは角隠しを着けて披露宴ではずします。

新和装

披露宴やお色直しで着られることが多く、鮮やかな色打掛けにオーガンジー素材を重ねて着ます。

かつらを着用せずドレス感覚で着られるので手軽。洋風の会場でも違和感がありません。

次の記事を読む→【新婦の和装「小物を揃える」】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ