挙式と披露宴を同じ会場でおこなう場合

結婚式と披露宴を同じ会場で行いたい場合は、それが可能かどうかを事前に確認しておきましょう。

 ホテルや総合結婚式場には、たいていチャペルや神殿が併設されており、信者でなくても好きなスタイルでの挙式が可能。ゲストハウスも、ほとんどが挙式場を備えています。同じ会場で挙式と披露宴がおこなえれば、準備も移動も便利。しかし会場に挙式場がない場合は、挙式場を探さなければいけません。レストランウエディングでは、多くの会場でこの点が問題になるようです。神前式なのにチャペルしかない場合なども同様。
 また、たとえば神社での挙式を考えているが、併設の会場でイメージどおりの披露宴がおこなえない場合も、披露宴会場をあらためて探す必要があります。

人前式は、親の理解を得ておく

人前式ならどこでも挙式できます。自分の好きなレストランや船上などでも、挙式と披露宴の両方をおこなえます。場所や宗教にとらわれず、親しい人達の前で結婚を誓う人前式を選ぶ人も最近増えています。
 ただし、年配の人ななじみが薄いスタイルなので、人前式を選ぶなら両家の親にきちと説明し、納得してもらう必要があります。

挙式と披露宴の両方の希望がかなうか

自分達のイメージに合う演出が可能か、注意点なども確認する。

挙式から披露宴までの流れはスムーズか

同じ会場であれば、移動に時間がかからない。しかし、何階から何階などの上下の移動が年配の方につらくはないか、大きな会場で何組か結婚式が重なっている場合の待ち時間はどうなっているかの確認は必要。

挙式と披露宴を同じ会場でおこなう場合

挙式と披露宴を同一会場でおこなうメリットとデメリット

メリット

  • 移動がラク!ドレスや着物を着て慣れない華蔵や華籍なパンプスで歩かされる女性の招待客や、年配の招待客のことを考えれば、移動はなるべく抑えたいものです。
  • ヘアメイクや衣装などの用意もスムーズ!披露宴会場と挙式場が異なる場合、ヘアメイクや衣装の手配や当日の着付けはどこでおこなうかなどについて考えなければいけません。同じ会場ならば、「着付け→挙式→披露宴→着替え」の流れがスムーズ。
  • お得なパックプランが利用できる!ホテルや総合結婚式場などは、挙式・披露宴パックを用意しているところもあります。プランに含まれるものは会場によって異なりますが、別々に手配するよりも割安になっています。
  • レストランやゲストハウスで挙式会場があるところもある!ウエディングに対応しているレストランやゲストハウスの中には、チャペルなどの挙式場を備えていて、キリスト教式のスタイルでの挙式がおこなえるところもあります。
  • 打ち合わせや当日の進行がスムーズ!同じスタッフが、挙式から披露宴までの一連の流れを把握していてくれるので、打ち合わせがラクなうえ、当日何かトラブルがあっても臨機応変に対応してもらえます。

デメリット

  • 併設の挙式場では個性がない気がしてしまう…
    「この教会(神社)だからこそ」という特別感があまりないことも。
  • パックで用意されているもの以外は持ち込み料がかかることも…
    衣装や引き出物などを頼むところが決まっているため、それ以外の店から頼めなかったり、利用する易合に持ち込み料がかかったりすることもあります。
  • 希望の設備が整っていなくても妥協するしかない…
    挙式場に併設された披露宴会場で用意できる料理が、仕出し弁当だったりメニューが限られていたりすることも。豪華なフルコースなどをイメージしているなら、妥協するか別の会場を探さなければなりません。

パックプランを利用するときは含まれている内容の確認を

 パックプランに含まれている内容は、会場によってさまざまです。合計金額だけではなく、何が含まれていて、そのランタはどのくらいのものなのかをきちんと確認していきます。
たとえば、引き出物や衣装など必要なものが含まれていない場合は、オプションとして追加していきます。また、料理やドレスなどはいちばん安いランクで設定されている場合が多いようです。豪華なドレスにしたい、料理の内容をよくしたいと考えていくと、さらに費用がかかります。パックプランは、それ以外にいくらかかるのかを確認しながら、上手に利用するようにしましょう。

次のコラムを読む→【予算の配分は大丈夫?】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ