挙式と披露宴を別の会場でおこなう場合

移動がラクなように近くの会場を探すのもおすすめです。

 披露宴会場で挙式できない場合、教会や神社など式場を探さなければなりません。また、教会や神社に披露宴会場が併設されていない場合、レストランなど披露宴会場を探さなければなりません。どちらの場合も、2つの会場を移動させられる招待客のことを考え、なるべく移動時間が短く交通の便がよいところを探しましょう。

あいだでフォローしてくれる人を探す

 ウエディング対応のレストランであれば、専属のプロデューサーがいるか外部のプロデュース会社と提携しています。経験もあるので、任せておけば安心。決まったウエディング担当スタッフがいないならば、外部のプロデュース会社に相談しましょう。

式と披露宴が「別日」の場合は気をつけなければいけない点もあります。

 海外で挙式して後日国内で披露宴をしたり、居住地で挙式して出身地で披露宴をしたりするなど、挙式と披露宴を別日に設定するケースも増えています。準備の手間は、同日同じ会場で結婚式をする人の2倍はかかると考えてください。それぞれの会場ごとに調整役がいないと、準備はさらに煩雑に。ぜひ、よきプロデューサーを見つけましょう。

署式と披露宴を別にする時の注意点

同じ会場で挙式・披露宴をおこなえないのなら近くの会場を探すこと

式場優先にせよ披露宴会場優先にせよ、移動時間が短く招待客に負担をかけない会場を予約すること。

あいだに専門スタッフに立ってもらうとスムーズ

レストランで披露宴をおこなうときは、ウエディング担当スタッフに調整をお願いすること。

別の日におこなう場合はそれぞれに調整役を立てる

披露宴と挙式を別の日に別の会場でおこなう場合は、それぞれの調整役を立てるとスムーズに運ぶ。

挙式と披露宴を別の会場でおこなう場合

披露宴会場→挙式場の順番で探す場合

 まずは、その会場にウエディング担当のスタッフがいるかをたずねましょう。

【Step1:A】担当者がいる

担当者にどこまで対応してもらえるかを確認する。
自分達の希望を伝え、進め方を相談しましょう。過去の事などを示してもらうとイメージがしやすくなります。

【Step1:B】担当者がいない:プロデュース会社に依頼する

外部のウエディングプランナーにあいだに立ってもらい、挙式と披露宴をコーディネートしてもらいましょう。

【Step1:C】担当者がいない:自分達でプロデュースする

会場のスタッフと、どんなパーティーができるかを直接相談しながら進めていきます。どんな準備が必要か、どこまで対応してもらうか、自分達が中心になってスタッフを動かしていく必要があります。

【Step2:A】担当者&プロデュース会社:挙式プランを提案してもらう

過去の事例を基に、どのような挙式プランがあるか提案してもらいましょう。また、おすすめの挙式場を紹介してもらいましょう。

【Step2:B】自分達で:近くで挙式場を探す

会場の近くで挙式できる場所を探し、予約をします。

挙式場→披露宴会場の順番で探す場合

近くに披露宴にふさわしい会場(レストランなど)がないか探す

<披露宴にふさわしい会場>
・年代に関係なく好まれる料理を出せる
・招待する人数を理想の形で受け入れられる座席数が確保できる
・インテリアを含む店全体の雰囲気が、晴れやかな気分を損なわない
・スタッフの気配りが行き届いていて気持ちのいいサービスを提供している

以降は前述の流れ同じように、披露宴の内容を決めます。

次のコラムを読む→【挙式と披露宴の両方可能な会場】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ