挙式と披露宴の両方がおこなえる会場

1.ホテル

 結婚式会場として人気がいちばん高いホテル。いろいろなニーズに応えてくれ、招待客の受けもバッチリ。

格式を重んじる式にふさわしい

信頼感があり、格調高いイメージがあるホテルウエディング。知名度が高いホテルは年齢を問わず、招待客の支持も高いでしよう。

ラウンジや駐車場など設備が充実

披露宴会場以外のラウンジやロビーなども広々としていて、招待客がのんびりと過ごせます。駐車場も備わっているので、車で来る招待客が多くても対応できます。

宿泊ができる

遠方からの招待客にも対応できます。また特別プランとして、新郎新婦へスイートルームの宿泊特典がある場合も。

プロのコーディネーターがサポート

経験豊かな会場スタッフがすべてまとめてサポートしてくれます。

チャペルと神殿を備えているところが多い

キリスト教式と神前式、どちらでも選べます。挙式場はホテルの中にある場合や、屋外に独立してあることも。

料理のコースも幅広く選べる

和食・洋食などから選択できます。シェフに希望を伝えれば、メニューの相談にも応じてもらえます。

料金が高めで持ち込み料がかかる

外部から衣装や引き出物などを持ち込む場合、持ち込み料が発生することがあります。こだわりがある場合は、事前確認が必要です。

吉日は混み合う

披露宴会場をいくつももち、人気があるため、吉日は予約が重なってしまいます。ロビーなどでほかの花嫁さんの姿が見かけられるという事態も考えられます。

挙式と披露宴の両方がおこなえる会場

2.結婚専門式場

 ホテルに次いで人気のある総合結婚式場。「結婚式専門」ならではのノウハウがあり安心して任せられます。

専門スタッフがいる

数多くの結婚式を支えてきた専門スタッフが経験と知識を活かし、行き届いたサービスを提供してくれます。

婚礼用の設備が充実

内装が婚礼用に豪華だったり、調度品なども整えられたりしています。披露宴の演出に必要な設備も完備されています。

ロケーションがよい式場も

日本庭園や広々としたガーデンを設けている会場もあり、撮影ポイントもいろいろ考えられます。

お得なプラン・個性的なプランも

季節限定プランやオリジナル企画など、いろいろ用意されています。担当者に希望を伝えれば、さまざまなニーズに応えてくれます。

演出がパターン化されている面も

ある程度演出の形が決められているため、個性を出しにくい面も。こだわりがあれば担当者にきちんと希望を伝え、自分達らしさを出しましよう。

吉日は式が重なっていることも

大安などは、自分達以外にも挙式の予定が何組かある場合も。あわただしい雰囲気がいやなら、予約の少ない日を選びましよう。

~Planner’s Check!~

どれも同じに見えるというホテルや専門式場での結婚式のイメージを打開すべく、ウエディングプランナーを置き、新郎新婦の個性を活かした結婚式を提案するところも増えてきています。
また、花嫁さんがバッティングする問題も、予約数を抑え解消されるよう努めています。

3.レストラン

 何といっても特別な料理をふるまえるのが魅力です。招待客と距離をおかず、アットホームな雰囲気の中で祝福してもらえます。

シェフ自慢の料理でもてなせる

シェフに相談しながらメニューを決定していきます。季節の食材を使ったり、オリジナルメニューを用意してもらったり、料理にとことんこだわれます。

挙式場を備えているところも

チャペルを備えているところもあります。挙式場がない場合は、人前式にするか、会場の近くで挙式場を探さなければいけません。

貸し切りでおこなえる

同じ時間帯に結婚式の予約が何組も入ることは、あまりありません。1室だけの予約なら一般客もいますが、貸し切りにしてしまえば、完全に自分達だけでスペースを使用でき、招待客もより快適に過ごせます。

アットホームな結婚式にうってつけ

食事を楽しみながら招待客との会話を楽しみ、なごやかなムードをかもしだせます。レストランの雰囲気によってカジュアルにもフォーマルにも演出できます。演出については、レストランのウエディングコーディネーターに相談しながら決めましよう。

必要な設備がそろっていない場合も

たとえば、披露宴の演出にプロジェクターやスクリーンを使いたいときに、用意がなければ、外部から借りなければなりません。部屋数があまり多くないので、招待客が着替える部屋などが用意できないおそれも。

希望の挙式ができるとは限らない

挙式スタイルは、キリスト教式か人前式の2択になります。神前式を希望するなら、近くの神社を別に予約しなければなりません。

4.ゲストハウス

 建物をまるまる借り切った自由な演出プランにぴったりです。自宅に招かれた感覚で招待客に過ごしてもらえます。

自宅に招く感覚でおもてなし

すてきな邸宅をまること利用できるので、まるで自宅に招待したように、自分達だけの特別な時間を過ごせます。

オリジナルな演出ができる

どこに料理を頼むか、どの部屋を使ってどんな演出をしかけるか、すべてをプロデュースでき、自分達らしさが存分に発揮できます。プロデュース会社に依頼すると、よりスムーズなプランニングが可能です。

完全な借り切りだからくつろげる

招待客がどこのスペースで過ごすかも自由なので、思い思いにくつろいでもらえます。

内外のスペースを自由に活かせる

屋外やテラスやバルコニーなどを含め、存分にスペースを活かした演出が可能です。ガーデンでデザートビュッフェをしたりもできます。

アクセスの不便なところが多い

ゲストハウスは交通の便がよくないところにある場合が多いようです。招待客には、わかりやすい案内を出しておきましょう。

挙式会場がない場合は別に探さなければならない

チャペルが併設されていればキリスト教式が可能。挙式場がない場合は人前式にするか、近くの式場を探すことに。

~Planner’s Check!~

レストランやゲストハウスでの結婚式は、ホテルや専門式場に比べて、親御さんの認知度が低く反対されてしまう場合も。「ぜひこの会場」でという強い希望が二人にあれば、実際に招待して食事してもらったり会場担当者やプランナーにどんな結婚式ができるのかを説明してもらったりして、親御さんの不安を解消するよう努めましょう。

次のコラムを読む→【挙式と披露宴は同じ会場で】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ