披露宴~ビュッフェ(立食)スタイル~

結婚式本番の演出のタイミングをシミュレーションする

 招待客が多く、それも若い世代中心になる場合におすすめの立食形式の披露宴。招待客の増減や席次を気にすることなく、招かれた側も途中から参加しやすいという魅力があります。招待客と積極的にコミュニケーションをとって、アットホームな雰囲気にするのが成功のカギ。そのため料理や余興のタイミングなど、司会者を交えて綿密な打ち合わせを重ねましょう。

会場内での歩きやすさ、設備やスタッフの対応を確認

 立ちっばなしで招待客が疲れないように注意。長い余興のときは全員ぶんのイスを用意するなど、招待客どうしが席の譲り合いで気 を遣いすぎないようにしましょう。
 またテーブル間の幅や、料理を取りに行くまでの動線も確認しておくとよいでしょう。

デザートビュッフェのスタイルも人気

 年配の方が多かったり、周囲からの反対意見が多かったりするなら、デザートのみビュッフェにする方法もあります。
 ゲストの人数が少ないなら、デザートやウエディングケーキを新郎新婦が取り分けるという演出も。デザートをきっかけに招待客ともふれ合えます。

~Check Point~

■壁側に少なくとも招待客の3分の1程度のイスを置く
招待客が気軽に休めるように、壁側にイスを配置する。家族や親族は座らないのがマナーだが、祖父母や足腰の弱い人のために用意しておく。

■招待客との間柄について二人の間で把握しておく
招待客とスムーズに会話ができるように、面識のないお互いの友人、知人について説明しておく。写真があるなら、写真を見せ合いながら話す。

披露宴~ビュッフェ(立食)スタイル~

ビュッフェ料理も マナーには気をつけて

【サーブ(取り分け)の仕方】
相手のぶんもいっしょによそうのは、じつはNG。自分のとりぶんだけとり、あたたかい料理と冷たい料理を同じお皿に盛らないこと。

【ワインの持ち方】
グラスの脚(ステム)の下のほうを、利き手とは逆の親指、人差し指、中指を中心にして持つ。

【お皿の扱い方】
料理を山盛りにしない。目上や初対面の人と話すときはテーブルの上に置き、親しい間柄でも手はやすめる。

【メインテーブルの料理は要注意】
料理が多く並ぶメインテーブルは、右から左へ時計回りに進むのがルール。逆流しないように、またおしゃベりなどで、流れを止めないようにする。

【グラスもお皿も利き手の逆に持つのが基本】
グラスを親指と人差し指で持ち、人差し指と中指のあいだに皿を挟んで支える。もう片方の手が自由になり、見た目もスマート。

~新郎へのアドバイス~

しばらく会っていない知人や新婦の友人にも話しかけましよう
披露宴では歓談を楽しむのが優先。初対面の新婦の友人や、久しぶりの知人とも会話できる絶好の機会です。話すのが苦手なら「お忙しい中、ありがとうございます」とお礼を言うだけでも 印象はよくなります。

次のコラムを読む→ 婚約、結納について教えて!

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ