和婚・神社婚・式服を生み出す機場

「式服」が生まれる機場へ

選び抜かれた生糸を「式服」へと織り上げるのは、長年に渡り蒲重で腕を磨き続ける機場の職人達です。瓦屋根の家々と、ぽつんとした畑。その間を縫うように伸びていく小道。そんな丹後のゆったりとした景色の中に機場はありました。一歩足を踏み入れると、はじめに目に入ってくるのは、繊細な白い無数の糸が一枚の生地へと織り上げられていくちりめん織機です。ぴん、と張った経糸に緯糸を織り込んでいく舟型のシャトルが左右へと渡され、白地に徐々に模様が描かれていきます。稼働するその姿はずっと見ていたくなるほど綺麗で、いつまでも紡がれる織機の旋律はまるで生地の「鼓動」のようです。

繊細なチェックで作り上げられる白無垢
細く繊細な生糸を三本纏めて一本にし、くだに巻きつけます。普通なら見逃してしまいそうな小さな節でも品質に影響するので、厳しい目でチェックが行われます。

織りあげていく様子
シャトルに巻き取った糸をセットすると、ぴん、と張られた経糸を左右に往復して織り上げていく緯糸となります。

和婚で花嫁の神聖さをイメージ
織機の後方より無数に伸びた経糸の靭やかで儚げな様子は、式服の神聖さを感じさせます。

白無垢生地の模様
気が遠くなるほど無数の経糸を調整し、生地に模様を描いていきます。

和婚を彩る衣装デザイナー

蒲田さんのデザインした図案に基いて、織り手が織り上げるのですが、最初は仕入れた高級生糸を「くだ」と呼ぶ織機用の大きな糸巻きに巻きつけます。と言っても機械任せで巻きつける訳ではありません。蚕の紡ぐ生糸には結び目や節のようなものがありますから、これを見付ける度に撒き直さなければならない、忍耐が求められる作業です。「巻きつける時には、三本の細い糸を纏めて一本にします。通常は織った生地を精錬加工するのですが、うちでは糸の時点で先にちょっと練ります。これを織り、更に精錬加工する事で、絶妙な肌触りの風合いが生まれます」と蒲田さん。二軒目の機場では更に広いスペースに織機が並んで、新郎の式服、色打掛などが織られていました。何人もの職人が幾つもの工程に携わり、想いを込めた「式服」が新郎花嫁のもとへと届けられるのです。

結婚式衣裳の織り職人
織り職人(織り手)は蒲田さんの作成した図案を手元に置いて、身長に社紋入りの新郎の衣裳を織っていきます。

新郎衣裳の衣裳デザイン
織り上げられた新郎衣装の社紋部分は、品質のみならず、衣裳デザインとしてもここだけの特別感があります。

京都にある機場自体が希少なんです

江戸時代から続く機場

伝統工芸・丹後ちりめん
「シボ」を特徴とする織り方で江戸時代から数多くの人々を魅了してきた伝統工芸「丹後ちりめん」。近年では日本人の着物離れや事業者の高齢化、後継者不在問題など多くの原因が重なり、ここ40年で丹後織物組合員の数は従来の10%にまで減少しました(※近畿財務局HP 地域トピックスより)。この問題は丹後ちりめんだけが抱えている訳ではなく、京都の中心地で作られる西陣織物も同じです。普段着と違い、ハレの日や節目につける着物は高価な貴重品ですが、今では稼働する機場自体が珍しい存在なのです。

和婚・神社婚で京都の伝統産業を守る


「式服」は、このような状況にあっても手間暇かけて職人が磨き上げた唯一無二の白無垢です。現実に目の当たりにすると、丹後ちりめんならではの肌目や、気品のある存在感が感じられる事でしょう。「式服」を通し、感動と、伝統工芸に想いを巡らせる特別な時間でのおもてなしは如何でしょうか?京都の伝統産業を後世に伝える一端を担うという、ここでしか得られない貴重な経験が、人生の節目と言える結婚式をより心に残るものにしてくれる事でしょう。

次のコラムを読む→ 【レンタルでも毎年衣装を新調する二葉葵】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ