家族との絆を大切にした結婚式を行う方法

馴染みのある場所で挙式する

結婚式はこれから結婚する2人にとってスタートとなるイベントです。

それと同時にふたりの家族も親族となり、新しい大きな家族ができるスタートともなります。

家と家とのつながりと昔から言われているように、結婚式は新しい家族ができたお祝いとなる式でもあります。

そのため結婚式を行う時には、家族との絆をとても大切にした結婚式を行うことが必要となってくるかもしれません。

今まで自分を育ててきてくれた親や家族に感謝を伝えるのと同時に、新しく家族になる配偶者の親や家族にもこれからよろしくお願いしますという気持ちを伝えなければなりません。

そのためにどんな結婚式行ったら良いのでしょうか。

家族を大切に思った挙式を行うために人それぞれ考えるポイントが違いますが、一つの方法としては二人が馴染みのある場所で挙式するという方法が良いのかもしれません。

特に二人とも地元が同じで、幼い頃から知り合いだったという場合は、二人が一緒によく行っていた場所や思い出のある場所の近くで挙式をあげると言う人も少なくありません。

地元のみんなに馴染みのある神社を用いて挙式を行い、思い出を振り返りながらこれからまた後ここで新しい思い出を築いていくんだと感じながら行う挙式も素敵なのではないでしょうか。

地元の神社であればきっと親にも思い出があるはずです。

子供のお宮参りの時の思い出や新年のお参りの思い出、七五三の思い出など、挙式の時にたくさんの思い出が蘇ってくるはずです。

家族にとってたくさんの思い出がある場所だからこそ、二人のスタートにふさわしい場所と言えるかもしれません。

地元愛を活かす

家族との絆を大切にした結婚式を行う方法

地元が同じ二人が結婚する場合には、お互いの家族も顔見知りという場合も少なくありません。

そんな時には地元にある神社で挙式を行い、二人の思い出がある場所で披露宴を行うという形をとる人たちもおられます。

二人の思い出がある場所の中には、初めてデートした公園や二人がよく一緒にスポーツを行った競技場、よく一緒に行ったレストランなど様々な場所がありますが、そのような場所で披露宴を行った方達もおられます。

もちろん披露宴ができる場所とできない場所がありますが、ウエディングプランナーの方の中には結婚式場ではなく、外出型プランを得意としておられる方もおられ、そのような方にお願いすると希望を叶えやすいかもしれません。

外で行う披露宴は、きちんとした式場で行う披露宴のように豪華なものにすることはできないかもしれませんが、二人の地元愛が溢れていて、築き上げてきた思い出も大切にすることができます。

親や親族にとっても地元ですからとても身近な場所ですし、緊張感も少なく、和やかなアットホームな雰囲気で結婚式を行うことができるのかもしれません。

次のコラムを読む→【お手頃な結婚式にするなら神社婚がおすすめ】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ