婚約スタイルについて

周囲に公表することで 婚約がより確実に

婚約とは、文字どおり結婚の約束を交わすこと。書類を取り交わしたり法的な手続きをとったりせず、「結婚をする」という口約束だけでも婚約は成立します。ただし、婚約の儀式をおこなったり、二人が婚約したことを周囲の人々に知らせたりすると、この約束はより確実なものになります。
 また、本人達の結婚に対する自覚や責任感も深まるので、何らかの形で婚約を公にするといいでしょう。婚約の事実を公表しておけば法的な責任も生じるため万が一、婚約を解消する事態になっても無用のトラブルを避けられます。

希望や予算を考え二人らしい形を選んで

結婚式を相談するカップル
婚約の形にはさまざまなものがあります。まずは日本の伝統的な婚約の儀式である結納。両家の顔合わせを兼ねた食事会も定番のスタイルです。
 このほか婚約披露パーテイーや婚約式をシンプルにおこないたいという場合は、二人で婚約記念品を交換するだけで済ませたり、婚約通知状を発送したりする方法もあります。希望や予算について二人で話し合い、自分達に合った婚約スタイルを選べばよいでしょうう。ただし地域や家によっては、しきたりにこだわる場合もあることを忘れてはなりません。

結納をするかどうか相談して決める

結納は日本の伝統的な婚約の儀式。親の意見も聞いたうえで、結納をおこなうかどうか決める。

■双方の親にもきちんと相談
家の慣例、地域の慣習もあるので、必ず双方の親も交えて話し合う。
■結納をしない場合は食事会などをするか検討
両家の食事会や婚約披露パーティー、婚約式、婚約記念品の交換、婚約通知状など、婚約の形はいろいろ。結婚式と同様、婚約も自分達に合ったスタイルを選ぶ。

さまざまな婚約のスタイル

婚約のスタイルを決める

両家の食事会

レストランや料亭などで食事会を開き、両家の顔合わせをおこないます。首都圏では結納に代わってもっとも多いスタイルです。

結納
男女が結納品を取り交わして婚約のしるしとする、日本の伝統的な儀式。最近は両家が一堂に会しておこなう略式結納が主流です。

婚約式
本来はキリスト教徒が神の前で婚約を誓う儀式。家族や友人の立会のもと、ホテルや結婚式場で人前婚約式をおこなうケースも

婚約披露パーティー
親族や友人達を招いてパーティーを開き、婚約を発表する欧米風のスタイル。主催者は本人達の場合と友人の場合があります。

婚約通知状
披露宴の招待状とは別に、婚約したことをはがきなどで通知します。婚約から挙式まで1年以上など、間があある場合におすすめです

婚約記念品の交換

婚約の記念に、互いに贈り物を交換。とくに儀式はおこなわず、婚約指輪などを贈るだけで済ませるカップルも多いようです。

結婚準備室リサーチ

婚約のスタイルは両家の顔合わせだけおこなった人が半数を超えています。
結納だけは3.5%、両方おこなった人は23.1%というデータがあります。

京都の和婚・神社婚をプロデュースする”Kyoto二葉葵”は結婚前のカップルの幸せな婚約から幸せな結婚式を応援しています。
あなたにあった方法で婚約して、幸せな結婚への第1歩にしてくださいね。

次のコラムを読む→ 【婚約した相手の実家へ挨拶に行くときのマナー】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ