和装での結婚式の衣装は?

新婦の衣装

最近は結婚式を挙げるのなら「和装」がいい、と思う女性が多いです。
男性は、女性の意見に合わせることがほとんどです。
特に神社で挙げる結婚式は、格式高く厳かで感慨深いものです。白無垢はみなさんよくご存じかと思いますが、その他に新婦が着ることが出来る着物等は何かあるのでしょうか。
また、新郎の和装は?と改めて考えると記憶もはっきりとしない人も多いと思います。
そこで、新郎新婦の衣装はどんなものなのか、結婚式や披露宴に出席するとしたら何を着て行ったら良いか、ご紹介していきたいと思います。

新婦の衣装

新婦が最も着てみたい衣装は、格式高い「白無垢」です。すべて白で統一されていますが、刺繍や織り方の違い等で様々な衣装があり、白でも個性的にすることが出来ます。
白無垢には、角隠しや綿帽子を被ります。白無垢の他に色打掛があります。結婚式では、挙式に白無垢を着て披露宴では色打掛を着ることが一般的になっていますが、色打掛も正式な婚礼衣装です。
色打掛には、角隠しを被ります。
今人気が出てきているのが黒引き振袖です。引き振袖とは、未婚女性の最も格式のある着物で、袖の裾が引きずるほど長いことから名前の由来があります。
邪気を払うという意味からも、挙式では白無垢を着る新婦が多いです。

新郎の衣装

新郎の婚礼衣装は「五つ紋付羽織袴」になります。羽織は黒無地の羽二重で、背中の中心と両胸両外袖に紋が入ります。
袴は縞織りの仙台平、小物類はすべて白になります。
黒のものがスタンダードですが、その他に灰色や白の紋付も見受けられるようになりました。

和装での結婚式の衣装は?

お招きされた時の衣装

女性は洋装でも和装でもかまいませんが、あまり着ることのない和服です。
出来たら着物で出席したいですね。着物は未婚者と既婚者で着ていくものが違います。

未婚の場合、目立ちすぎない振袖がおすすめです。お色直しの時の着物の色などを事前に聞くことが出来たら、花嫁と重ならないように配慮します。
既婚者なら、色留袖や訪問着を着ていきます。髪も結うことになりますが、際立って派手にならないように注意しましょう。

男性の場合は、略礼装で出席します。正装で出席するのは新郎や親族になります。
いわゆる「フォーマルスーツ」を着用します。
和服は新郎の兄弟であっても着ないことが多いので、スーツで出席しましょう。

次のコラムを読む→【結婚式で和装姿が人気な理由】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ