京都の和婚・神社婚は二葉葵「コラム」

丹後の地発祥の「式服」

「式服」は、単に「白」と表現できないほど多彩な姿を見せてくれます。独自の織模様と滑らかな触り心地は、日が暮れるまで眺めていたい程美しく、白無垢の格調をより高めます。「シボ」と言われるこの織模様は、京都の伝統工芸である「丹後ちりめん」の織り方の特徴の一つです。主な産地は、京都府北部に位置する丹後地方でも、京丹後市、宮津市、与謝野町のみ。丹後ちりめんの歴史は深く、奈良時代には既に「絹」を生産していたという記録が残っており、特徴的な「シボ」の織物として広く波及したのは江戸時代は享保五年(1720年)頃の事。そして、この長い歴史にあっても、「式服」を製造しているのは与謝野町で多く機場を抱える織物会社「蒲重」のみです。

二葉葵の白無垢
光の加減や花嫁の動きで色合いや肌目の変化する「式服」。金糸をあしらわれた神紋は、両家の心にも残る事でしょう。式を挙げる神社仏閣の神紋をあしらった白無垢で執り行われる式は、他では味わえない特別感があります。

丹後ちりめん・式服
「蒲重」は丹後の地で50年以上続く織物会社です。代表である蒲田茂雄さんは、伝統を残しつつ、新たな精錬加工を展開するなど、その発展を常に願う職人の一人です。織柄を考え、機場へ赴き、伝統工芸を絶えさせる事にないように日夜尽力されています。「それでも、一度は廃業する事も考えいたんです。そんな時に『丹後ちりめんで白無垢を作ってみては』という話をいただきました。これが最後というつもりで引き受けました。白無地という条件下で丹後ちりめんの持ち味を活かすのに苦労し、出来上がったサンプルは40種類を越えます」と蒲田さん。納得のいく生地が完成したのは四ヶ月後の事でした。これに神紋をあしらう事で、日本で唯一つの「式服」が生まれたのです。

和婚・神社婚に欠かせない白無垢

和婚神社婚の衣装

神前式、白無垢について

挙式については「宗教」や「風習」等により様々なものがありますが、大きく「教会式」「人前式」「神前式」「仏前式」の四種類に分けられます。
特に神前式は日本の伝統的な形式として、近年和婚が注目されるようになる中で、改めて脚光を浴びています。「両家の結びつき」を重視し、神社で執り行われる神前式。杯と杯を重ね、「家」と「家」の絆を結びつけるとされる三三九度で永遠の誓いを交わし、神様への捧げ物として新郎新婦、両家大補湯が玉串拝礼等をします。進行・作法も予め教えてもらえるのでご安心ください。

白無垢で和婚を彩る

素材の良い白無垢で神社婚
白無垢は着物の中で最も格式高く、一般的にも「汚れない神聖」や「嫁ぎ先の家風に染まる」といった意味で知られていますが、お二人の結婚を神様に報告する為、神様に奉仕する服(斎服=白装束)といった意味もあります。寺社仏閣での結婚式でしか袖を通す事のできない着物ですから、是非その特別感を経験してみてください。

次のコラムを読む→ 【丹後ちりめんの「式服」をご紹介】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ