810IMG_1159_c-705x436

その人にしか語れないエピソードを引き出して

 和婚のスピーチの依頼は、学生時代の友人代表、会社の同僚など内容が重ならないよう、人選の段階から 注意します。
 依頼の際には、持ち時間と、学生時代の思い出深いエピソードを中心にお願いしたい旨をひと言伝えましょう。
 上手に話せなくても、新郎新婦のふだんの人柄をよく知っている人にお願いし、その人ならではの 言葉で語ってもらうと、招待客の共感を得られます。
 友人であれば、どんな雰囲気で話してくれるかある程度は想像がつくものなので、話す内容は本人に任せましょう。

招待客が広く楽しめる余興をお願いする

 余興の持ち時間は5分くらいが一般的。依頼時には会場の雰囲気や客層も併せて伝えれば、どのような余興をすればよいかはある程度判断できます。若い人や仲間にしか通じない内容は避け、みんなが楽しめるものが適しています。
 本番で、ほかの演目と内容が重なると、せっかくの好意が台無しになってしまいます。事前に内容 を確認して、新郎新婦側で調整を しましょう。
和婚での楽器の演奏が得意な人に生演奏を頼むなど、こちらからリクエストするのもよいでしょう。

〜Check Point〜

o0800045012858155681

スピーチは持ち時間や話してもらいたい内容を伝える

スピーチの持ち時間はおよそ3分程度。話してほしい内容をかんたんに伝えておく。

余興は招待客の顔ぶれにふさわしいものを依頼する

披露宴の雰囲気や招待客の構成比を考え、あらかじめどんな余興を頼みたいのか伝えておく。

人気の余興トップ10

m73
副広い層に楽しんでもらえる余興トップ10です。和婚の余興を依頼する際の参考にしてください。

1位 友人の楽器生演奏

昔からの定番。新郎新婦の思い出の曲などを演奏してもらったりすると感動的
副広い 層に楽しんでもらえる余興の トップ10 楽しんでもらえる余
トップ10です。余興を依頼する 際の参考にしてください

2位 友人インタビュー

司会者が友人に、二人の楽しいエピソードなどを突撃インタビュー。準備は不要だが、突然聞かれる友人は緊張してしまうかも

3位 新郎新婦記者会見

友人が記者になりきって、 二人になれそめなどを質問し、話してもらう

4位 プロに依頼

お笑い芸人などに依頼して、盛り上げてもらうこともできる。

5位 マジック

だれでも楽しめて盛り上がれる。腕に自信があれば取り入れてみても

6位 新郎新婦の趣味披露

趣味の仲間を招いていたら、新郎や新婦も参加して意外な一面を披露するのもおすすめ

7位 プロの生歌・生演奏

外国のシンガーによる迫力のあるゴスペルなどが人気。和婚なら三味線や和楽器を使ったバンドなどの演奏もあり。

8位 ダンス

日舞、フラメンコなど選ぶ踊りによって雰囲気も異なる。事前に充分にスペースがあるか確認を

9位 歌

みんなで口ずさめる流行歌など。知っている歌を替え歌にしても楽しい

10位 クイズ

新郎新婦にちなんだ出題、会場全体が楽しめるようにする

余興にふさわしくないもの

*くだけすぎたもの、
*下品なもの
*大がかりな準備が必要なもの
*内輪にしか受けないもの
和婚や神社婚は厳かな雰囲気も魅力なのでその空気を崩さないものがいいですね。

〜プランナーadvice!〜

プランナーに直接やりとりをお願いすることも

余興は相手の厚意によるものなので、新郎新婦からあれこれ要望を伝えづらいかもしれません。担当プランナーと友人がOKすれば、直接やりとりをしてもらうことをおすすめします。内輪にしか受けないものなど、プランナーは客観的に判断し、みんなが楽しめるような提案もできます。進行やスペー ス、設備(マイクや着替える場所があるかなど) についての細かい質問にも直接答えられるので、友人にも安心してもらえるでしよう。

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ