個性的でおしゃれな和装での結婚式

美しい白無垢スタイル

日本の伝統、和の花嫁といえば白無垢姿の花嫁でしょう。
凛とした美しさがあり、ここぞという時に着てみたい花嫁衣装の一つです。

純和風の結婚式に憧れている最近の花嫁たちが選ぶ衣装の一番人気だと言われており、以前に比べて白無垢の試着の需要が増えたと言われています。
それに影響して白無垢の種類も豊富になってきており、ウエディングドレスと同じように自分の個性に合わせてたくさんの種類の中から選ぶことができます。
白無垢姿は全身真っ白で揃えるものですが、最近は差し色として赤を入れたり、ピンクを入れたりするなど個性的な白無垢姿も出てきているようです。
色も真っ白ときなりの2種類があり、かなりの雰囲気の違いがあります。生地の質や刺繍模様によってかなり雰囲気が違うと言われており、特に京都の職人が出かけた白無垢は高価なものが多いと言われています。
とても上品で、主張の強くないものが多く、少し高級なのでお値段は張るようですが上品な白無垢姿を目指している花嫁さんにはおすすめかもしれません。
白無垢は昔から使われてきた花嫁衣装ですが、特に格式の高い武士の家柄が使用していた花嫁衣装で、神聖な気持ちになり、心が引き締まる花嫁衣装だと言われています。
そのため、華やかさよりも伝統的な美しさを前面に出した花嫁姿を望む人に向いています。
髪型も昔からの伝統的な文金高島田を使うことも出来ますし、角隠しや綿帽子を利用することもできます。
何も被らず洋髪にして生花を飾ることも出来ますし、他にも様々なアレンジを楽しむことができます。
白無垢に憧れる花嫁たちの中では、特に綿帽子が人気なようで、これはウエディングドレスでかぶるベールと同じ意味を持っていて、式が終わるまで新郎以外の男性に顔を見せないと言う意味合いがあるようで、この綿帽子を身につけてお嫁に行きたいと願う古風な女性が増えているという現状もあります。

おしゃれな色打掛や振袖姿

個性的でおしゃれな和装での結婚式

白無垢と同様、人気が出てきている花嫁衣装といえば色打掛や振袖類の花嫁衣装です。
色打掛も挙式に使用することができますが、どちらかと言うと気品があるというよりも、華やかで目を引く柄が多いので披露宴で向いていると言われています。
色のチョイスによっては様々な雰囲気を楽しむことができ、アレンジの仕方によっては洋風に見えたり、古風な和風に見えたりします。

また引き振袖や本振袖、黒引き振袖もとても人気が出てきています。華やかさは色打掛に劣りぎみですが、とても軽くて動きやすいので動きの多い披露宴に向いており、様々な色合いや柄の多さから個性を出しやすい花嫁衣装だと言われています。
洋風の髪型もとても似合うので、アレンジをすることが好きな花嫁さんの向きの花嫁衣装だと言えるでしょう。
色打掛に比べて柄が大きめだと言われており、帯が全体的によく見える着付け方法なので帯のチョイスによってもかなり雰囲気を変えることができます。
またお色直しが早いという利点もあり、招待客の方を待たせることなく式を進めることができるというメリットもあります。

次のコラムを読む→【引き振袖、本振袖を結婚式で着たい!】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ