仏前式の流れ

前世からの縁に感謝し 先祖に結婚を報告する

 人と人との縁は、前世からの深い因縁によるものという仏教の教えにもとづいた和婚スタイル。互いの縁を結びつけてくれた先祖に感謝し、結婚の報告をします。昔からおこなわれてきた厳かな結婚式です。

紋付き袴と白無拓が一般的

 神前式と同様に親族のみの参列が基本で衣装も自由。しかし、新郎は紋付き袴、新婦は白無拓がほとんどです。ほかのスタイルに比べ、対応できる会場は少ないですが、静寂で慎ましい雰囲気は味わい難い魅力があります。

~Check Point~

仏前結婚式は植家でなくても挙げられる場合がある

「信者」=「特定の寺院に所属する人」だけではなく、仏教の教えを信じる人であれば結婚式は可能。

両家とも仏教信仰でも必ず宗派を確認

浄土宗や浄土真宗、真言宗など宗派はさまざま。形式が多少異なる場合もあるので親に確認する。

寺院や菩提寺など結婚式(和婚)できる会場を探す

先祖代々のお墓がある菩提寺で挙式できるか相談。ゆかりある大きな寺院やホテルや専門式場もチェック。

これだけは知っておきたい。アイテムに込められた意味

念珠(数珠)

仏と心が通じ合い、邪念を消す法具。性別や宗派によって色や形、扱いが異なる。挙式 の際には指輪交換の代わりに授与される(指輪を交換する場合もある)

仏前式の会場

挙式の流れ

1.入堂

両親、親族の順に入堂して着席。そのあとに新郎新婦、媒酷人夫妻、僧侶(司婚者)が入る

2.啓百文の朗読

僧侶が焼香したあと、啓百文(本尊に申し上げる言葉) を読み上げ、結婚の報告と加護を願う

3.念珠授与

僧侶から新郎新婦へ仏前に供えられている念珠(数珠)が授与される。二人は宗派にそった方法で手にかける

4.司婚の辞

僧侶の問いかけに新郎新婦が答える形式で、結婚を誓う。指輪交換をおこなう場合はこの前に

5.新郎新婦の焼香

新郎、新婦の順に焼香。香を供え「これからの二人の行く末をお守りください」という気持ちを込める

6.誓杯、親族固めの杯

神前式の「三三九度の杯」にあたる。続いて親族も同様におこなう。

7.祝辞

僧侶からお祝いの説話をいただく。続いて一同起立して合掌礼拝をする

8.退堂

僧侶に続いて、新郎新婦、媒酷人夫妻、両親、親族の順にお堂をあとにする

焼香の仕方

※宗派や寺院によって異なります
1.親指、人差し指、中指で香をつまみ、自分の目の高さに上げる
2.つまんだ香を香炉に入れて合掌する

散華

先祖を供養する花で、蓮の花を模した色紙が多用される。参列者はお守りに持ち帰れる

おもな会場のスタイル

対応するホテルや専門式場に限りがあるのが現状。菩提寺や寺院、自宅のうち集まりやすい場所を選ぶ

菩提寺・寺院

披露宴会場の有無や交通の便、トイレや控え室などの設備、対応の良し悪しなどを確認

自宅

僧侶を招く際の手続きや駐車スペースの確保が必要。家への愛着が深まるなごやかな挙式になる

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ