人前式の一般的な挙式の流れと会場

進行は司会者しだい。打ち合わせ&リハーサルが重要

 二人で決めた自由な結婚式のスタイルでも、暗記する必要はありません。挙式の進行は司会者にお任せ。二人は流れに乗るだけです。そのためにも司会者と打ち合わせを重ね、リハーサルも司会者とともに段取りを確認しておきましょう。

結婚式の流れ

1.新郎新婦入場

ブーケ・ブートニアなど、さまざまな演出で新郎、続いて新婦が入場。新郎新婦がいっしょに入場しても可

2.開式の言葉

司会者が式の開始を告げる。司会者が新郎新婦を参列者に紹介。立会人 (媒酌人) がいれば、その前に紹介する

3.誓いの言葉の朗読

二人で考えた誓いの言葉を、いちばん後ろの席の人にも届くように、ゆっくりとはっきりした声で読み上げる

4.指輪の交換

手袋をはめているなら取り、新郎、新婦の順に左手薬指に指輪をはめ合う

5.婚姻届に署名

新郎、新婦の順に、婚姻届または結婚誓約書にサインする。立会人がいるなら、続いて署名する

6.結婚成立の承認

司会者(または立会人) が結婚成立を宣言。参列者に拍手をうながし、拍手で結婚成立の承認とする

7.閉式の言葉

司会者が閉式を宣言する

8.退場

新郎新婦は退場する。退場の仕方は、二人の思いどおりの演出でOK

ブーケ・ ブートニア

新郎がブーケでプ口ポーズ。了承の証に新婦がー輪取って新郎に渡す

シンデレラストーリー

入場時、新婦の両親いずれかが最後の身支度として、ティアラを新婦の頭にのせる

人前式の一般的な挙式の流れと会場

新郎新婦の誓いの言葉の文面例

形式にとらわれず、心のこもった文面にまとめましよう。ただし、くだけすぎてはいけません

宣 誓
私達二人は 本日ご列席いただきました皆様の立ち会いのもと 結婚の宣誓をいたします
これからの人生 いかなるときもお互いに愛し合いながら歩み 相手を思いやる心をもち続けます 二人で力を合わせ 笑顔のあふれる 安らぎに満ちた家庭を築いていくことをここに誓います
 皆様には、私達の結婚の誓いの証人として今後の私達の行く末を温かく見守ってくださいますようお願い申し上げます

平成○年○月○日
新郎 ○○○○
新婦 ○○○○

二人らしい文面で

結婚への決意、思い描く家庭像、参列者への感謝の言葉をまとめる

日付、二人の名前を忘れずに

最後に結婚当日の日付と二人の名前を入れる

ちよっとユニークな宣誓

  • 体重○○kgを超えないようにします
  • 年に○○○万円ずつ貯金します
  • 月に一度はディナーに行きます
  • (新郎が)週に○回は手料理をつくります
  • (新婦が)週に○回は休肝日をつくります

あらたまった文面に、こんな誓いを入れると微笑ましく、祝福ムードが いっそう高まるかも

おもな会場のスタイル

会場選びにも制限がないのが人前式の魅力です。会場の特性を活かして、印象的な演出を考えてみましょう。

ホテル・専門式場

併設のチヤペルや神殿で、人前式でありながら宗教的で厳かな雰囲気を取り入れられる

ゲストハウス

その日ー日はゲストハウス(邸宅)の主。賛沢なプライベート空間へ招待でき、幅広い演出が可能

レストラン

おいしい料理をふるまえるのが魅力。演出しだい でカジュアルにもクラシ力ルにももてなせる

その他

・ガーデン・リゾート・船上・美術館・プラネタリウム・水族館・ライブハウス・海・山・空

次のコラムを読む→ 【結納の形式は予め決めておく】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ