京都和婚の魅力

結婚式の理想

結婚式にはたくさんのスタイルがありますが、大きく分けると洋風と和風の二つの結婚式があるかもしれません。

チャペルでウエディングドレスを着て行う洋風の結婚式は今はほとんど主流となっており、幼い頃からウエディングドレスを着るのが夢だったと言う女性も少なくありません。

ですが一方、和風の結婚式を選ぶ人たちの中にも、幼い頃から和婚スタイルの結婚式に憧れていたという人も少なくないようです。

親が神社で行う和婚スタイルの結婚式を行っていたので、自分も同じような結婚式がしたいと小さい頃から願っていたという意見がたくさんあります。

自分が大人になり結婚式の準備をする時に、親の意見も色々と取り入れるものですが、親の結婚式の写真を改めて見て、同じような和婚スタイルの結婚式に魅力を感じるということもあります。

もちろん結婚式は新郎と新婦二人のものですから、どちらかが洋式の結婚式はのぞみ、どちらかが和婚スタイルを望んだ場合、話し合いでどちらにするか決めなければなりませんが、大抵は結婚式に関しては女性側の意見が強く、会場も花嫁衣装も花嫁の意見を反映したものが強いのかもしれません。

特に女性は自分の親の結婚式を参考にする場合が多く、世代にもよりますが親の世代はほとんどが神社婚だったことでしょう。

そのため、親と同じ結婚式に憧れている花嫁たちが、和婚スタイルの結婚式を選ぶと言う状況が生じているのかもしれません。

和装に憧れる

憧れの和装

和婚スタイルの結婚式といえば、やはり白無垢や色打掛でしょう。

神社での挙式というよりも、この花嫁衣装に憧れているという女性達も多く、和婚スタイルの結婚式を行わなければ経験できないものですから特に新鮮に感じるはずです。

着物は成人式の時など、人生の中で本当に何回かしか着る機会がなく、特別な思い出があるはずです。

花嫁衣裳として人気の白無垢は着付けにとても時間がかかると言われており、花嫁は体力も使いますし、とても時間も必要とするようです。

ですがそのぶん、時間かけたぶんほどとても厳かな気持ちに何やすいようで、感動もひとしおと言われています。

神社で結婚式を行うと、もちろん花嫁が和装姿なので、参列者も着物姿で出席しやすいと言われています。

チャペルで行われた挙式の場合、花嫁が洋装なので参列者が振袖で出席したいと思っても、へんに目立ってしまうのでなかなか着づらいという意見があります。

ですが神社で行う結婚式の時には、花嫁が白無垢を着ていますし、親族もほとんど着物で出席しますからあまり変に目立つこともなく、招待客としておしゃれを楽しみたい人にも喜ばれる結婚式になります。

着物が多いとはとても華やかで、思い出に残る写真もとても綺麗だと言われており、良い思い出が残せることでしょう。

次の記事をみる→【京都「下鴨神社」の和婚口コミ情報】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ