京都の和婚

神前挙式

和婚のスタイルは様々ですが、宗教的にこだわるのなら、自ずと決まってしまいます。

毎年初詣に参拝する、厄除けでお参りしたなどの思い出のある「神社」で結婚式を挙げることも一つのウエディングスタイルですよね。京都には有名な神社があるので和婚が多く行われています。

挙式が終わったらそれでおしまいではなく、この先こどもが生まれて「お宮参り」や「七五三」など、神社はずっとご縁のあるものです。

結婚式場をどこにするかは二人だけの問題ではないので、両家親族の意向も入れて式場を決めるとよいでしょう。

そんななかでも、神社で執り行う神前挙式は、厳かで格式高く思い出深い挙式となるでしょう。

神前式の進み方

和婚の進み方

神前での挙式は、どのように進行していくのでしょうか。流れをおってみましょう。

  • まず、神殿入場となります。雅楽の演奏(笙、篳篥、龍笛)と巫女の舞いで、新郎新婦の入場。
  • 「修跋(しゅうばつ)の儀」といって、神職が神前に進み、一同起立して一拝します。
  • 神職は、参列者を祓い清めます。「祝詞奏上(のりとそうじょう)」典儀が式が始まることを伝えます。
  • 一同起立して斎主にならい一拝します。そのあと神職が酒食を供え結婚の報告、祝詞をあげて神様に祈ります。
  • お供えのお神酒で、新郎新婦が巫女の介添えにより三三九度の杯を交わします。お神酒は三回注がれ、三口で飲み干します。
  • 新郎が新婦に、次に新婦が新郎に結婚指輪を左手薬指におくります。「誓詞奏上」といって、新郎が誓いのことばを読み上げます。
  • 新郎新婦が玉串を捧げ、二礼二拍手一礼します。その後、巫女が参列者の盃にお神酒を注ぎ、親族盃の儀が行われます。
  • 「撒餞の儀(てっせんのぎ)」が行われ、斎主のお話で挙式の結びとなります。

以上が神前での挙式の流れです。

和婚の衣装

和婚の魅力と言えば、婚礼衣装です。

神社での挙式なら「白無垢」がとてもよく似合います。

全身を純白で統一し、小物類まですべて白で揃えます。

白ではありますが、生地の織り方や刺繍をほどこした柄物もあり、白無垢でも、たくさんの種類があります。

白と言えど、個性が出せるのが良いですね。

また、髪は文金高島田にします。

文金高島田は格調高い髪型であり、それを角隠しか綿帽子で覆うのが一般的です。

最近は、洋髪にする新婦さんも増えてきています。

綿帽子で下向き加減な姿は淑やかさと奥ゆかしさを感じますが、洋髪にすると、華やかな雰囲気が出ます。

次の記事をみる→【神社婚と宗教について】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ