和婚・神社婚の贅沢な衣裳サービス二葉葵

レンタルなのに毎年新調される贅沢

白無垢を着た際の身が引き締まるような神聖な感覚は、今から神前で誓いを結ぶのだと、深く実感させてくれます。ですから、式の衣裳は「白」なのです。そして、出来る限り「まっさら」であることが理想的です。勿論、申込の度に新調されるという事ではありません。もし、第一にその良質感と新しい着物だからこその輝きを望むのであれば、是非「京都式服結婚式」の扱う白無垢「式服」に触れてみては如何でしょうか。厳選された正絹の滑らかな触り心地や洗練された織柄、そして新しい着物ならではの輝きに、ここでしか出会えない格式を実感していただける事でしょう。

和婚を彩る伝統文化
柄のデザインや生糸のチェックまで全て担う蒲田さんは、希少な丹後ちりめんの機場をまとめ、約300年続く伝統文化を絶えさせる事にないよう、日夜尽力されています。式服に袖を通す事がその長い歴史・伝統を未来へと結ぶ一端を担うと考えると、結婚式がより心に残るものに。

和婚、神社婚を引き立てる丹後衣裳
気品溢れる佇まいの式服は、息を呑むほどの存在感。花嫁を一層美しく引き立ててくれます。丹後の地で織り上げられたのち、社紋を入れ、「京都式服結婚式」と届けられます。

「式服」の創始者である蒲田さんは、丹後ちりめん職人歴50年。世界に誇る伝統産業「丹後ちりめん」の存続を熱望してやなまい職人の一人です。そんな蒲田さんが「生糸」「柄」「シボの風合い」等、全てに拘り抜いた白無垢こそ「式服」であり、式服を着る事ができるのは日本で唯一つ「京都式服結婚式」のみ。その魅力は、毎年新しい式服がやってくるという事です。「京都式服結婚式」の取り扱う式服は、1年に1回、毎年必ず新調され、まっさら、もしくはほぼまっさに誓い状態で袖を通す事ができるのです。花嫁の美しさを大切にする「京都式服結婚式」は、伝統産業の活性化を追い求めて成就した、携わる全ての人々が幸せになる取り組みです。大事なハレの日を、伝統が作り上げる最高品質の白無垢「式服」で迎えてみては如何でしょうか?

和婚で白無垢を着た花嫁の様子

神社婚で白無垢を着た花嫁の様子

「京都式服結婚式」でできる事

実際に結婚式を挙げる事になった時、まず式場・会場探しをして、衣裳選びや、ゲストへの招待状の制作、披露宴でのメニュー、装花、引き出物や、タクシーの手配、当日の対応等々・・・数多くの準備を行わなければならないことにびっくりする事でしょう。会場や衣裳店、プランナーとのミーティング等については、それぞれ窓口まで訪れて連絡を取る必要があります。そうでなくとも結婚式前はお二人の大切な時間。「京都式服結婚式」は、新郎花嫁が心身共に最高のコンディションで当日の臨めるよう、全ての窓口となり、トータルプロデュース致します。この機会に和婚をご検討いただければ幸いです。

和婚神社婚イメージ画像1

和婚神社婚イメージ画像2

和婚神社婚イメージ画像3

和婚神社婚イメージ画像4
衣裳・会場のみならず、たとえばゲストへの招待状をはじめとするペーパーアイテムや、ブーケといったフラワーアイテム等の小物類に関しても、お二人の思い描くものをヒアリングし、親身になって作り上げます。

最大の魅力は、式当日にもスタッフが付き添い、ゲストや会場等への対応を一身に引き受ける事です。大事なゲストが心地よく過ごせるよう気配りも重要ですが、全てが初めてづくしの式当日は、緊張しっぱなしで心にゆとりがなくなってしまうものです。そんなお二人に代わり、「京都式服結婚式」が進行や会場とのやり取り、ゲストの対応等、全てにおいてサポートする事で、ゲストとの大切な時間を過ごし、感謝の気持ちを存分にお伝えいただく事ができるようになります。そして、あくまでもお二人とブライダルの世界を結ぶ架け橋としての立場として、プロデュース料も必要ありません。挙式料・食事代等は全てお客様が直接会場にお支払いいただく明快な形式です。

これこそが「京都式服結婚式」が思い描く「お二人にも両家にも心に残る結婚式」。京都の町並みを残す西陣のサロンでお待ちしております。

二葉葵京都式服結婚式

次のコラムを読む → 【Kyoto二葉葵から結婚されるお二人へ】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ