みんなが憧れる白無垢姿で結婚式を挙げる

魅力が多い白無垢

今結婚世代の人たちの間で、神社などで結婚式を挙げる和婚が流行っています。伝統的な結婚式を選ぶ方が多くなってきて、伝統的な衣装である白無垢を着てお嫁に行きたいと願っている花嫁さんたちが激増しています。
白無垢といえば全身真っ白で、ウエディングドレスなどの花嫁衣装と違ってあまり周りとの違いがないのではないかと思っておられる方も多いようですが、意外にも白無垢はたくさんの種類があり、選び方によっては雰囲気がかなり違うものになると言われています。
ウエディングドレスのようにデザイン性が大きく変わることはありませんが、色にも真っ白と生成りがあって、どちらにするかでもかなり印象が違い、キリッとした花嫁、物静かな花嫁、柔らかい雰囲気の花嫁、可愛らしい雰囲気の花嫁など雰囲気を変えることができます。
また遠くから見ると真っ白なのですが、よく見ると生地に刺繍が入っており、金の糸が織り込まれた刺繍や中には赤い糸が織り込まれているものもあります。
ほとんどが京都の職人による手作業だと言われていますが、職人の腕によってもかなり値段に幅が生じ、ピンからキリまであるようで、質も変わってくるようです。ぱっと見はわからないのですが、ビデオをとったり、写真に写すと質の良さがよく現れるようで、一生に一度の花嫁衣装ならば妥協しないことをお勧めします。

アレンジしがいがある

みんなが憧れる白無垢姿で結婚式を挙げる

みんなと同じ白無垢姿は嫌だと言う花嫁さんのために、最近では様々なアレンジの仕方がインターネット上にも載せられており、自分の個性を活かした白無垢姿を披露することができています。
白無垢は基本的に挙式で着るものですから、華やかであることを重要視するのではなく、格式高く上品な花嫁スタイルを意識すべきです。だからといってみんなと同じようにしなければならないというわけではありませんが、ある程度の白無垢スタイルの基準があります。
白無垢に合わせる髪型には、昔ながらの文金高島田をつける方法、角隠しをつけたり、ウエディングドレスを着る時のベールのような役割をする綿帽子をつけるなどの方法があります。
この綿帽子にポイントとして、金や赤やピンクなどの差し色を入れる方もおられますし、洋式の髪型にして、大きな生花を飾ったり、花の髪飾りをつけるなどアレンジの仕方は様々あります。
ある程度も要望をメイク担当の方やヘアー担当の方が聞いてくださいますから、いくらでもアレンジのしがいがあると言えるでしょう。多くの花嫁たちに人気の白無垢姿。

あなたも親孝行だと思って、白無垢姿を親に見せてあげるのはいかがですか。

次のコラムを読む→【京都だからこそ思い出に残る結婚式を】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ