「神前」結婚式洋服でも大丈夫?

神社での結婚式(神前式)は和装でなくても大丈夫?

神前式での参列は親族のみの場合が多いですが、神社に申し出て友人の参列も許されることがあります。神社での結婚式に招待された場合、和装が良いのか洋装でも良いのか悩むところです。和服で参列したいと思っていても、「着付けが大変」「着なれていないので不安」など心配なこともあって、洋服で行きたいと思っている方も多いと思います。

そこで、神社婚には洋装でも大丈夫なのか、大丈夫ならどんな洋装が良いのか等、まとめていきたいと思います。

服装のマナーについて

神前式の場合、和装で参列する方が統一感があってよいのですが、洋装でも大丈夫です。ただ、厳粛な神社での挙式です。場の雰囲気を損なうような装いは控えましょう。

気をつけることを上げていくと、

  • 肌の露出の少ない服装を心がける。袖のあるワンピースやアンサンブルが無難です。結婚式には正礼装で出席するのが常識です。肩が開いたドレスなどは控えましょう。
  • ファーをあしらったものは控えます。バッグもシルク素材や布製のものを使いましょう。
  • アクセサリーは、大きなものやキラキラ光るもの、派手すぎるものは控え、揺れるタイプのイヤリングでも小さ目のものを身につけるように気をつけます。一番無難なのは「パール」のネックレスやイヤリングです。どんな服装にもシーンにもよく合い、カラーやデザインも結構豊富にあります。ただ、ブラックは葬儀を連想させるのでそれ以外の色にしましょう。
  • 素足はNGです。透けるストッキングを履きます。ブラックは避けましょう。
  • 靴は、ヒール3cm以上のパンプスを履きます。つま先とかかとがオープンになったものは避けます。またブーツもふさわしくありません。

男性の場合、フォーマルスーツで参列します。二次会などのカジュアルなパーティーではおしゃれなスーツでも大丈夫ですが、結婚式では正装で出席しましょう。髪型や髭等も清潔感を心がけます。

和装のマナーは

「神前」結婚式洋服でも大丈夫?

神社での結婚式に参列するなら、やはり和装で出席できたら良いですね。その場合のマナーはどういったものがあるのでしょうか。
男性の場合、和服で参列することは控えましょう。身内以外の参列者は、洋装が一般的です。
女性の場合は、未婚者は振袖、既婚者は留袖又は訪問着にします。花嫁より目立つことのないように、また花嫁の衣装とかぶらないように事前に衣装を打ち合わせておきます。

次のコラムを読む→【カラードレスやマタニティドレスはどうですか?】

結婚式のご相談はKyoto二葉葵へ

お電話の場合は、 075-414-6317

075-414-6317

にお気軽にお電話下さい。


(タップすると電話を発信します。)

営業時間:11:00~19:00
(毎週火曜日定休) フォームからのお問い合わせ